僕は君が、好きなんです。

外へ出ろ。今すぐ、外へ出ろ。
そうだ、表へ出ろと言っている。
俺のために働け、そうだ、俺のために働け。
そして僕を養ってください。永遠に。


山の中で、すばらしいミジンコを見つけたよ。
かわいいな。
ほら君、ミジンコをいたわっておあげなさいな。
かわいそうじゃないか。
生きているんだよ、ミジンコだって。
みんな友達じゃないか。


やめろ。俺をおとしいれるな。そうやって、いらぬことばかり言うね、君は。
さっさと、埋めろと言っているじゃないか。死体を。埋めろよ。
僕は、掘り返すからさあ。君が埋めた死体を、埋めたとたんに掘り返すよ。
肢体じゃないよ、死体だよ。さあ埋めろ。さっさと埋めろ。


埋めろと言っている。俺が埋めろと言っているんだ。はやくしないか。
そうだ。上々だ。それでいいのだ。
俺は掘り返すから。掘り返したよ。ガボガボッて、掘り返したよ。
そして、僕はその死体を愛した。誰の死体なの、これ?
わからないけど、僕はその死体を愛して、汚しました。


よし、わかった。それからだ。問題は、それからなんだ。
俺に酒を飲ませろ。今すぐ飲ませろ。
だから、言っているだろう?
俺は酒がないと、だめなんだから。
わかっているくせに。ひどいね。君は。いやらしいね。
性根がくさっているんだよ、君は。


さっさとしてください。僕に薬品を与えてください。
酒がないというのか? 馬鹿にしくさる。ほどほどにしてくれ。
じゃあなんでもいいよ。なんでもいいやさ。
薬品じみたものなら、なんでもいいよ。
はやく、はやく、はやく、はやく、はやく!


とんでもないな、君は。ひどい奴だ。
僕よりトロンボーンがうまく吹けるわけでもないくせに。
僕はね、トロンボーンにかけては、誰にも引けをとらないんだよ。


そんなら君は、今こそ、蝶々になりなさい。
僕は鷲になるから。ワシは鷲になるよ。
どうだ、僕のがずいぶん立派なようだね。
参りましたか? いい気味だ。
僕に薬品を提出しないから、そういうことになるのです。


だからと言ってね、誤解しないでもらいたいんだよ。
僕は君を愛しているよ。
こんなこと言ってるけど、君のことが好きなんだ。
好きで、好きで、しょうがないんだ。
だから君も、僕のことを愛してください。愛せよ。
いやなの? ばか。やめてよ。
そういう、ロマンチックなことはお嫌いでいらっしゃる?
上等上等、それでなくっちゃあいかんよ。
さすが僕のフィアンセだね。


そろそろ刺身を食べませんか。
食べたくないですか。
じゃあなわとびをいたしませんか。
優雅な遊びをいたしませんか。


夜です。満月がお綺麗でございます。
私たちは満月を眺めましょう。
素敵に優雅なお夜を、お過ごしいたしましょう。
さみしいときはいつでも、君といっしょにいますよ。
さみしくなんか、ないですよ。


とんでもない。あなたを殺すなんて、とんでもない。
むしろ君が、僕を殺すべきなんです。
だから、俺を俺に、俺の、俺を俺してください。
君は、君にとって、君の君に君であってください。


トンネルの中で、君を好きだと、
君を愛していると、僕は、そう言うつもりではある。
でも君は、僕を憎んでいるのだね。
それでも、僕はね、君をね、悲しませたくはないよ。
君は幸せであるべきなんだよ。
君は泣いちゃあいけない。
君を、泣かせてなるもんか。
君が涙をながしたら僕は、君の涙をなめるから。
なめつくすから。


僕は涙をながします。
君の涙はなめつくすけれども、
僕は涙をながします。
僕は、僕の涙を飲んで、生きる。


悲しいお酒は、もういやなんです。
涙を飲んで、生きていきたい。
僕は君のなみだを飲みたい。
君のなみだは僕のすべてだ。
僕は、君のなみだと、等価です。
一体になって、溶けてゆきます。


少女の歌声がきこえてきます。
透き通るような、きれいな歌声です。
ぐるぐる、ぐるぐる、うずまいて、
僕を君を、まきこんで、
ずっと君を、僕は欲していたの?
いっしょになったのかな。
きたないことも、きれいなものも、
すべてが一緒くたになっちゃうみたいだね。


僕は君のなみだを、なめる。
君は僕を、にくみますか。
僕は君を、好きです。
君は僕を、好きではないですか。
僕は君が、好きです。


明日は、よい天気ですか。
明日は、暑いでしょうか。
明日は、薄着でいきますか。
僕は、とろとろ、とろけていきます。
君は僕といっしょに、とろけてくれますか。
僕と、君は、別々ですか。


僕は、根性無しみたいだ。
君は、
「どうでもいいわ。あなたも、何もかも、月が欠けたって、
潮が満ちたって、どうでもいいの」
って言うけど、
僕は、どうでもよくないんだよ。
君のことが、気がかりだよ。


明日は、暑いんだから。
厚着をしたら、いけないんだよ。
汗がいっぱい、たくさん、出ちゃうんだよ。
僕は、ウソをついて生きて行こうかな。
君は、正直に生きてください。
僕にはウソしか、つけないのだから、
君だけは、正直に生きてください。


トロンボーンを、うまく吹けるようになったら、
僕といっしょに、富士山に登りましょう。
富士山の火口から、いっしょに飛び降りましょう。
きっとすてきなところにたどりつきますよ。
僕は、あなたが、君が、好きなんです。
君は、僕が、好きではありませんか。
僕は君が、好きなんです。
僕は君が、好きなんです。