第二幕

「あー、おいしい、そうそうそうそう。
なんか、あたしは、もう、モーニング娘に、入ってから、
もう、丸4年が、たったんですよ。
そして、いま5年目突入なんですけども、まあここでちょっと、
初心に帰ると、いう感じで、まあ石川梨華の、自己紹介をしたいと思います」


「そうか、5年目突入かあ、月日の経つのは、はやいね。
光陰矢の如しだよ、梨華ちゃん。どうだい、僕は、じつに知的だろう。
光陰矢の如し、なんて知的な言葉が口をついて出るんだよ、僕は」


「神奈川県、出身の、昭和60年、1月19日生まれ、
山羊座のA型の、石川梨華です」


「なに、あらたまっちゃってさ、照れるじゃないか。
なんか、僕も自己紹介しなきゃならない雰囲気?
これって、そんな雰囲気? 照れるね、どうも、僕は、なにしろ、
埼玉県、出身の、昭和55年、4月10日生まれ、
お羊座のたぶんA型の、田中ふとしです」


「あ、なんかすごい、なんかこの自己紹介、
なんかすごい久しぶりにするけど恥ずかしいな」


「いやん。やだやだ、僕だって、恥ずかしいんだよ。梨華ちゃんだけじゃないよ。
僕だって、すごく恥ずかしいよ、なにしろ、田中ふとしって、
僕の本名だからね、偽名じゃないよ。太志だよ。太いこころざしって意味だよ。
よくね、やせてるのに太志なんだね、って言われるんだ、もう、飽き飽きなんだ」


「趣味は、趣味は、えーと自分ではあんまり塗らないんですけど、
ネイルアート。いま今日は、パープルにして」



「自分では塗らないのに、趣味だなんて、
よくもまあ言えたものだね、呆れるよ、僕は。
自分で塗ってこそ、趣味と言えるのではないかね?
え? 違うかね? どうなんだい?」


「最近、あの緑とか、自然が大好きで、
まあ、あの気付いてる人もいると思うんですけども、
これは、こっちがサボテンで、こっちが、あの、コケ植物、
コケの上に、植物が生えてるんですけど、これは、わたしが家からもってきました」

 

「それはさ、自主的に好きになったのかい? 違うんだろ?
馬鹿だね、君は。ひどい馬鹿だよ。
あっちい地球を冷ますんだ!とかいう企画のために、
そうやって言っているんだろう?
馬鹿にしないでほしいよ。僕はね、そういうの、嫌なんだよ」


「なんでしょう、紹介しますね。
こちらが、あのサボテンで、ね、
サボテンてあたし、なんか、この子を育て始め、てから、
知ったことがあって、話かけると、喜ぶらしいの。サボテンて、これほんとに」


「いいや、ウソだね。そんなことあるわけないじゃないか。迷信だろう。
そんなことを、信じちゃいけないよ。
なにしろ、僕の家の植物はね、
僕が毎日、『死ね、死ね、さっさと死ね』って言ってるのに、
一向に衰える気配を見せないんだ、すくすくと育っているよ。
図太い奴だよ、死にやしないんだ」


「これ最初あたし、うちのママにいわれて、
そんなことあるわけないじゃん、て思ったんだけど、
あのね、買ったときにね、書いてあったの。あの話しかけると、喜びますって。
で、それで、いろんな人に訊いたら、そうだよ、って聞いて、
だからサボテンの前で、もうグチとか、もう、いっぱい言ってたら、
サボテンが、元気なくなって枯れちゃったりとか、ね、
毎日楽しく話しかけたら、そう、元気になるんだって」


「そりゃあね、梨華ちゃんみたいなかわいい女の子に、話しかけられたらね、
元気にならないほうが、おかしいんだよ、僕はね、悪いけどね、
気持ち悪いとか言わないで欲しいんだけどね、
僕は、そのサボテンになりたいんだよ。
馬鹿だろう、僕はこの世に稀に見る馬鹿だろう。
ののしってくれよ。梨華ちゃんのグチでもなんでも、聞きたいんだ。
梨華ちゃんなら、もう、なんでもいいんだ。
馬鹿だろう? 馬鹿なんだ、僕は」



「こっち、これわかるかな。
これね、まあわたしのね、
唯一描けるイラストのウサギ、がここにあるんですけど、
これコケなんですよ、コケで、そのコケの、に、水をあげることによって、
この植物が、ね、成長してくるんだけど、
これね、このこの葉っぱが、ちょっと、黄ミドリっぽいの、
これはね、あたしが買ってから、生えたんですよ。
最初はこれなかったの。このちっちゃい芽とかね、
いっぱい生えててね、どんどん伸びてきて、こいつも、
もっともっと成長するように、がんばって、育てたいと思います」


「なにそれ、なんか、すごいね。ウサギ? あら、かわいい、食べちゃいたい。
そうか、そうか、よかった。すごいな。うらやましいんだよ。僕はさ。
なんで、僕は、僕なのかな。
梨華ちゃん、教えてくれよ。僕は、なんで、僕なの?
僕は、なんでそのコケでもなければ、
黄ミドリっぽい葉っぱでもないの?
ねえ、梨華ちゃん、君は、なぜ、僕の言うことを無視するの?
いいかげん、怒るよ? 君はさ、僕の家に遊びにきたんだろう? 違うのか?
なぜ、僕を、無視するんだ。
なぜ、自分のことばかり話すんだ、いい加減、僕だって怒るよ。
僕だって、仏じゃないんだ。僕は、人間なんだ。
君はさ、梨華ちゃん、いったい何様のつもりですか?」


「まあだから、この子たちがいると、まあちょっとリラックスできるということで、
わたし家から持ってきました。そして、ごほ、ごっほん」


「ああ、梨華ちゃん、だいじょうぶかい?
咳なんかして、喉が、痛いのかい?
ねえ、だいじょうぶかい。僕はとても心配だよ……。
さっきは、ひどいことを言ったけど、
僕は、君のことが心配でならないんだ」


「話はもどりますが、
いま趣味言いましたね、で、特技は、えと、
昔はテニス、Y字バランスって言ってたんだけど、
まあテニスは、もう3年くらいラケット握ってないので、
最近はもう、テニスは特技になってなくて、
まあ今は唯一、まあできる特技と言えば、Y字バランス、なんです、はい」


「ウソだろ! 馬鹿! テニスを、やめることはないだろう。
テニスを、息抜きにちょっとやるくらいしないのかい?
テニスはやらないのに、接待などと言って、醜いオヤジとゴルフはするんだね。
梨華ちゃん、君は汚れたよ。いつから、そんなに汚れたんだい。
悪かったね、僕はどうせ、大人だよ、大の大人だよ、笑えばいいさ、
でもね、大の大人だって、純粋に生きてる人はたくさんいるんだ、
あまり、馬鹿にしないでもらいたいね」


「Y字バランスはですね、昔小学校の頃に、新体操をやってて、
そのときに、まあY字バランス習ったんだけど、ちょっと見てみる?」


「Y? なんだって、Y字バランスだって? やめろ、やめないか。
僕は、そんなの見たくはないぞ。僕は、見たくない。やめてくれ!
そんな、破廉恥なことはやめろ! ちくしょう! やめろって、言ってるんだ!」


「ちょ、ちょっと、ちょっと、久しぶりに、やってみるね。
これね、いくよ? ほら、これ足映ってる?」



「いやあああああああああああだああああああ!!!!!
やめろやめろやめろやめろ亜qwせdrftgyふじこlp;@
ちょっと、まて、うつってるとは、なんだ?
馬鹿野郎、僕は写真など、撮りはしないぞ!
馬鹿にするな! 僕は、そんな変態じゃないんだ」


「ほら、ここまで。ここまで! あ、ちょっと足がつりそう。
あの左はね、ちょっとね、まだね、あんまり硬いんだけど、あ、でも上がるわ。
はい。あ。まあこんな感じで、わたしの特技は、Y字バランスということで
ちょっと披露しちゃいましたけども」



「……君は、恥というものを知らないのか。
僕が、どんな気持ちで見ていたか、わかるのか?
僕が、どこを見ていたか、わかるのか?
何をかくそう、僕は、君の、梨華ちゃんの、股間を見ていたんだ。
そして、ワキのあたりを見ていたんだ。
とっても、いやらしい気持ちで見ていたんだ!
Y字バランス、素晴らしい、きれいだね、だなんて、そんな気持ちで見ていないんだ。
ああ、あの股間の奥は、いったいどうなっているの?
とかいう、とってもいやらしい気持ちで見ていたんだ!
馬鹿! 僕は馬鹿だ! 僕は、駄目だ。ちくしょう!
君が、破廉恥なことをするからじゃないか!
だから、言ったろう、やめろって。
なんども、やめろって言ったじゃないか、畜生!」


「そして、ま、これねジャージだからできるっていうね、これ、いいですよ、
そして、いまどこまで話したっけ。趣味、特技、ま、それで、じゃあ、長所!」


「ジャージだから、という問題じゃないだろう!
君には、羞恥心というものが皆無だね。
見損なったよ。呆れたよ。僕は、うんざりだよ。苦しい。
僕は、酔っている。
君が、レモンシュガー入りの紅茶を僕にくれないから、僕はね、酒を呑んだよ。
悪いか、畜生。馬鹿野郎。酒くらい、呑まないとやってられるか、馬鹿野郎。
この破廉恥娘が。
日本は、乱れたよ。淫乱だよ。一億総淫乱だよ。呆れるよ。絶望だよ」


「長所、自分でいうのも恥ずかしいんですが、
長所は、負けず嫌い、そして、ポジティブシンキング」


「負けず嫌いだなんて、君は、恥ずかしいね。
人間、負けてナンボだということを知りなさいよ。
僕はね、今まで、負け続けてきたよ。悪いか。畜生。くそったれめ。
ポジティブなんてクソ食らえなんだよ、馬鹿野郎が。
どうせ、こんなこと言ったって、
君は、梨華ちゃん。ねえ、梨華ちゃん、おい! 梨華!
聞け! 聞けよ! ちくしょう! 聞いてないんだろうが!」


「まあ負けず嫌いは、ねえ、知ってる人も多いと思うんですけど、
まあ、運動会とかで、負けず嫌いな面を、一面を、たくさん、見せたりとか」


「知ってる、知ってる、運動会ね、見に行ったよ。梨華ちゃん
君は、ひどく怒っていたね。
恥ずかしい。なんて恥ずかしい娘だろうね。謙譲の心を、忘るべからず。
そうだ、孔子が言ってたじゃないか、
君子は、敬い、譲るこころもちが、無くてはならないんだよ。
それがね、君には、欠けて、梨華ちゃん! おい!
聞け! 馬鹿! くそったれめ!」


「うん、あとは、なんだろ、ただ自分では気付かなかったけど、
最近、わたしすごい負けず嫌いなんだなって、思って、うん、やっぱり、
自分のなんか限界、までいっつもやりたくなるんだよね。
なんか途中で諦めるのは嫌で、少しでも可能性があったら、
ちょっとがんばってみるかなって、うん、いつも、思ってます」


「……悪かった。悪かったよ。僕は、最低の人間だ。死んだほうがいいんだ。
そのほうが、世のため、人のためだ。いないほうが、いいんだ。
僕は、途中で諦めてばっかりだよ、畜生。畜生。畜生。畜生。
可能性があっても、がんばりやしないんだ、畜生、畜生、畜生。
ねえ、梨華ちゃん。君は、僕の声が聞こえているか。
僕の姿が、見えているのか。
僕は、誰なんだ。僕は、いったい、ここにいるのか。
僕は、梨華ちゃんと、いっしょに、ここにいるんだろう?
僕には、梨華ちゃんが見えているよ。すぐそばにいるね。
君は、梨華ちゃんは、どうして僕を見てくれないの?
僕は、梨華ちゃんの目の前に、いるのに」