7月11日の梨華ちゃん、制服おさげ篇


7月11日のハローモーニング。
今日は、制服おさげ姿の石川梨華ちゃんを見て感じたことを書きます。
今回は、あらたに普闘士くんが加わります。


登場人物
・田仲 インテリぶろうとしてるむかつく男
・ふとん 便所の落書き大好き2ちゃんねらー
・フッチ 時代遅れのロマンチスト
・ふちりん 変態、キチガイ
・普闘士(フトシ) 古き良き日本男児


田仲「さて、ゆかた姿はお終いのようですよ。みなさん、残念ですね。
まあ、いい気味ですよ。少しは頭を冷やしてくださいね」


ふとん「(´・ω・`)ショボーン 」


フッチ「ああ、梨華ちゃん、もっともっと見たかったな、君の素敵なゆかた姿を。
あれほど美しくも可愛らしいゆかた姿の女性を、
僕は僕の生きているうちに見出すことはできないだろうと思うよ。
それほどに、君のゆかた姿は、ああ、神聖で、繊細で、まさに、美の化身だった」


ふちりん「……ちくしょう……もっとゆかた姿の石川を視姦したかったのに……」


普闘士「やあこんにちは。お前らの腑抜けっぷり、すっかり拝見していたよ。
お前ら、恥ずかしくないのか? 何が、『ああ、梨華ちゃん・・・』だよ?
お前らは、犬畜生以下だな! 女にうつつを抜かしてる暇があったら、
もっと自らの精神を練磨、鍛錬したらどうだ! このすけこましどもが!」



田仲「おや? みなさん、また石川さんが出てきましたよ」


ふとん「制服キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! おさげキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」


フッチ「うわああああ!
まさか、まさか、君の、梨華ちゃんの制服姿を見ることができようとは!
いったい、どこの誰がこんなことを予想しえただろうか!
素敵すぎる。君は、清楚で美麗だ。もう言葉もない」


ふちりん「……セ……セ……セイフ……ハァハァ」


普闘士「お前ら! オナゴを見たくらいで興奮するとは、腑抜けにもほどがある!
日本男児たるもの、硬派でいなければいかんぞ。わしみたいにな。
わしは、こんなオナゴなどにはピクリとも反応せぬわ! 笑わすな!」



田仲「……まあいいんですけど、この画像、ちょっと横に伸びてませんかね?
ちょっと不自然ですね。まあ、いいんですけどね。
しかし、この子は、もう19でしょう?
女子高生役には、ちょっと無理あるんじゃないですかね。
ちょっと、肌のつやとか、そういったものがやはり」


ふとん「⊂⌒~⊃。Д。)⊃キャワ杉……」


フッチ「ああ、梨華ちゃん梨華ちゃん梨華ちゃん、何度でも、そうさ、
僕は、何度でも君の名前を呼んでやる。呼びたいんだ。
君の名前を口にするだけで、僕は至高の幸福につつまれる。
君の名前は、梨華ちゃん、とっても素敵だ。優美でかわいらしい。
いつか、僕の名字とともに、その名前を名のってはくれまいか。
ああ、梨華ちゃん、田仲梨華ちゃん


ふちりん「…………ハァハァ」


普闘士「わしは、見てなんかないぞ。お前らにはうんざりなんだ。
わしは、こんなオナゴの画像なぞ、全く興味がない。お前らは、軽薄な馬鹿だな」



田仲「おや? 向こうに見えるのは、これは藤本美貴さんですか?
なんだ、石川さんよりも可愛いように、私には感じますがね。
私には、わかりませんよ。他にも、可愛い女子は星の数ほどいますよ。
私には、さっぱりですね。なぜみなさん、石川さんにそこまでこだわるのか」


ふとん「ミキティーキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!」


フッチ「ああ、梨華ちゃん、やはり僕は、君ばかり見ている。
君の華奢で可憐なからだを、抱きしめたい。
ああ、こんなことはいけない! 破廉恥だ! ごめんよ。
でも僕は、君が好きなんだ。君の温もりを、感じたいんだ」


ふちりん「……ハァハァ……セイフク……オサゲ……ミキティ」


普闘士「なんだ、この番組は。くそつまらないじゃないか。
しみったれたオナゴしか出てきよらん。
もっと、何か、血沸き肉踊るような、男らしい番組はないのか。
そう、日本軍の雄姿を拝めるような、そんな番組が。
こんな番組で喜んでいるお前らって、そうとう恥ずかしい男だな。
親が泣くぞ。日本男児たるもの……ぶつぶつ」



田仲「普闘士さんは、やたら汗くさい人ですが、
彼の言い分にわたしも半ば賛成しますね。
まあ、アイドルにうつつを抜かしている男なんてのは、
ろくなもんじゃありませんよ。
私はまあ、現実というものをよくわかっていますから。
アイドルなどという偶像には、心を動かしませんよ。
まあ、馬鹿ですよね。
アイドルに、まさか恋をするなんて、いやまさかね、
そんな人は存在するはずないですが、そんな知性のかけらもない、
分別のない馬鹿な大人にだけはなりたくありませんね」


ふとん「ほらほら、この画像なんか、梨華ちゃんの顔文字ソクーリだYO!( ^▽^)」


フッチ「ああ、梨華ちゃん、僕は、君に大いなる質問を投げかけたいのだ。
人類を代表して、問いかけたいんだ。
君は、なぜ、そんなにまで可愛いのかい?
君は、可愛すぎるんだ。その可愛さは、もはや罪の域にまで達した。
君は、僕を悩ませる。君は、僕を、いずれは死においやるかも知らない。
君は、その絶世の美しさによって、人を殺すんだ。罪だ。ひどいんだ。
君は、さあ、答えてくれ、なぜ、そんなに可愛いのか。美しいのか」


ふちりん「……やっぱりキスしたい……してやる……
画面の上からでもキスしてやるぞ……」


普闘士「お前らは、糞ったれどもだな! 腹を切れ! 腹を!
とくにフッチとかいう阿呆、お前だお前! さっきから、気持ち悪いんだよ!
その歯の浮くようなセリフ、大概にしろよ!
なよなよしやがって! 男だろうが! 日本男児だろうが!
お前が、一番癪に障るんだよ! 糞ったれめ!」



田仲「まあ、アイドルは否定しませんけどね、
ただね、あまり入れ込むのはよくありませんよ。
彼女ら、裏じゃ何を言ってるか、どんな破廉恥なことしてるか、
わかったものじゃありませんから。
何しろ、無学で無知な小娘ですからね。
かく言う私も無知で無学ですけど、だからこそ、
貪欲に勉学をしようとしてるわけですよ。
彼女らは、どうせ無知無学だと開き直って、
美しさだけで渡世しようとしてますからね。
そんなことじゃ駄目ですよ。人間、知性がなければ。
アイドルに溺れてる暇があったら、勉学に励むべきです。
音楽を聴くなら、もっと、高尚な音楽を聴くべきです」


ふとん「うつむきハァ━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━ン!
やっぱり梨華ちゃんはキャワだな」


フッチ「梨華ちゃん、ああ、梨華ちゃん
僕と見つめあってるときに、そんな風に照れるようにうつむかれたら、
ああ、僕の胸は張り裂けてしまうだろう!
君が、ああ、君が、僕の目の前にいたらなあ!
どんなに、どんなに幸せなんだろうか。
想像もつかないよ。
想像しただけで、すでに、胸が張り裂けそうで、痛くて痛くて、
ああ、僕は、胸の病気なんだろうか!」


ふちりん「……ねえ……どこを見てるの?……ハァハァ」


普闘士「ああ! 胸糞悪い! 吐き気をもよおしてきた!
うんざりだ! お前らには、まったくうんざりだ!
田仲とかいう奴も、知性とかなんとか、くだらねえことばかり言う。
少しは、話の分かる奴だと思っていたがな。やはりお前も、むかつくやつだ。
男に必要なのは、義理と、人情、そして根性、それだけだ、ど阿呆が!
学識とか高尚な音楽とか、へどが出るぜ。
わしは、義理と、人情、それだけだ。あと、根性だ。
女なんてすべて味噌っかすだ。
わしが死ぬのは、男同士の義理のためだけだ。
武士道とは、死ぬことと見つけたり



田仲「……なんか、もうどうでもいいですね。飽きてきました。
みなさんは、アイドルにうつつを抜かして生きてください。
僕は、勉強をしますから。一分一秒でも惜しいのです。
ふとんさん、2ちゃんねるもほどほどにしなさいよ。時間の浪費ですよ。
それに、性格もひん曲がりますから。
フッチさん、ロマンチックもほどほどにしなさいよ。
あなたの恋は全くの不毛だということに、早めにお気付きくださるよう。
まあ、そうやって、自分に酔ってるのは勝手ですがね。
彼女のために死ぬなら、どうぞご自由に。
死んだにしても、いい無駄死にをしたと誰もが君を嘲笑するでしょうがね。
まあ今でも充分嘲笑の対象ですがね。一言で言えば無様ですよ、あなたは。
ふちりんさん、あなたは欲望のカタマリですね。
あまり、ハメを外さないようにしてください。酒は、もうお止めなさい。
普闘士さん、日本男児はいいですけどね、まあ格好良いのでしょうがね、
あなたは、口ばかり大きくて、何も行動が伴っていないことにお気付きなさい。
まあ、義理のため、国のために死ぬなら、どうぞご勝手に。
どうせ、死ねやしないでしょうがね」


ふとん「>>田仲 ( ´_ゝ`)フーン」


フッチ「やめろ! やめろ! ちがうんだ! ああ、やめてくれ!
僕は、ただ、梨華ちゃんが好きなだけなんだ……いったいどうしろというんだ。
自分にだって、わからないんだ。なにも、わからないんだ」


ふちりん「……俺は、石川が欲しい……そして、酒、薬……うひ、うひひ……」


普闘士「畜生め! 痛いところを突きやがったな!
わしは、わしだって、や、やれるんだ!
やろうとすれば、や、やれるはずなんだ!
義理と人情、そして根性、忍耐、女などいらぬ……
武士道とは、死ぬことと、見つけたり……」


というわけで、制服おさげ篇、終わり。
さて、ここで問題です。
田仲、ふとん、フッチ、ふちりん、普闘士、どれが本当の僕でしょうか?