上品とエロと幸せと卒業

なにしろ僕は、31日の昼、
ハロープロジェクトのコンサートに行ってきたのである。
まあ色々すったもんだがあって、開演に15分遅刻をした。
小走りで会場に入ると、あややの歌唱ダンスがちょうど終わったところであった。
あ、損しちゃった。あやや見られなかった。ちくしょう! 大損だ!
……まあ、いいや。僕は梨華ちゃんを視姦、いや、拝見しにきたのだから。


僕の席は、南スタンド1階C12列8番、ファミリー席だった。
ファミリー席は、立ち上がることができぬ。
だいたいにおいて、ファミリー席とは、
まさにファミリーが、女子供が、ゆっくりとまったりと、
素敵な午後のお茶会でもするような心もちで、
上品にコンサートを眺める席である。上流階級の風情である。


僕の右となりには、若くて可憐な17前後の女の子がいらした。
左となりには、4、5才の幼女。お母さんと並んで座っていた。
僕はここにいていいのだろうか。
そんな思いもちらと頭をかすめた。
24歳のおっさんが、上品なファミリー席で梨華ちゃんを視姦いや、
強姦、ちがう、和姦のがいいだろ。
しに来ているのは、どうにも気持ち悪いと思われる。


僕は、上品な空気に溶け込むために、
「僕は、娘に興味なんかないけど、友達が急遽いけなくなったため、
チケットをゆずってもらい、じゃあ行ってみるか、
どらどら、ハロプロのライブってどんなもんかしら」
という表情、そぶりを前面に押し出し、
どっしり、堂々と、サムライのような威厳をかもしだして、座っていた。


ハロープロジェクトコンサート略してハロコンでは、
あやや後藤真希、モー娘などの人々が、総出演をする。
誰かが歌っているとき、舞台の端っこに据えられたベンチに、
他の人々が座っている。
たとえばあややが唄っているときは、端のベンチにモー娘が座っていて、
あややを応援している姿が見えるのである。


↓こんな感じ


そんなもんだから、僕は、席に座るや否や、
心臓をバクバクさせながら、梨華ちゃんの姿をベンチに探した。
メロン記念日が唄っていた。
ベンチには、紺野、高橋、新垣、小川などの姿があった。
あれ? 梨華ちゃんは? いないじゃん! どこにも居やしねえじゃねえか!
まさか、今日は欠席しました、なんて馬鹿げたことをぬかすのではあるまいな!
いや、待て。
梨華ちゃん以外にも、ベンチに見当たらない人間はいる。矢口とか。飯田とか。
そうか、これは順番に、ベンチに座ったり座らなかったりするのであるのか。
なるほどね。そりゃそうだね。梨華ちゃん、はやく出ておいで。
恥ずかしがらないで。ねえムーミン


――30分後。


出てこねえ。いっこうに出てこねえのでやがるから、困る。
いてこましてやろうか。石川の野郎、ふざけやがって。
仕事をしろよ、このクソ女が。クソばっかり垂れ流しやがって。
さっさと出てきて、俺に視姦させろ、そして強姦、いや、和姦のがいいだろ。


なっちの歌唱の番になった。
恋のテレフォン GOAL』という歌を唄った。
僕は双眼鏡で、なっちを凝視した。むちむちである。
なっち、ちょっと太っているのである。たまらん。ちんこ立ってきた。
さりげなく股間に手をやり、いい感じの位置にナニを調整した。
だいじょうぶ。左隣の幼女には見られてない。右隣の美女にも見られてない。
僕はラストサムライの威厳を、じゅうぶんに保っている。
なっちは、ぴょんぴょん飛び跳ねたりして、きゃぴきゃぴギャル風味である。
かわいい。しかしなっちは、この路線でいくのだろうか。ちょっと心配だ。
なっちのむちむちの太ももを舐めまわすようにして見て、
ちんこを半立ちにさせながら、僕はなっちの将来を切実に心配した。


「わーたしピンクのサウスポー♪」
ダブルユーことW、辻ちゃん加護ちゃんのユニットである。
お二人がご登場。かわいらしい。僕は加護ちゃんが大好きである。
なにしろ、加護ちゃんのおっぱいをわしづかみにしたいのである。


と、あれ? 舞台端のベンチに、何か、可憐な影が見えた。
見覚えのある肢体。いつもお世話になっている肢体。
あの影は、もしやして、これは、石川梨華ちゃんではあるまいか。
双眼鏡で確認。うわあ。居た。うわあ。
梨華ちゃんがベンチに座ってWの応援をしていた。うわあ。
キュン。胸がね、キュンってなっちゃった。
これ、なっちゃうの。しょうがない。
なっちゃったのは、これ、しょうがない。
梨華ちゃん
小声で、つぶやいてみた。
しかし梨華ちゃんは僕をシカトした。あたりまえだが。
シカッティングである。現在進行形である。
僕はとても切なくなったので、左隣の幼女を絞め殺して、
右隣の美女をスタンドから突き落として、
「我が生涯に一片の悔いなし! 天皇陛下、万歳!」
と叫び、舌を噛み切って死んでやろうかと思ったしだいである。


僕は、Wに申し訳なく思いながらも、梨華ちゃんの姿を、
双眼鏡を通して、ずっと眺めていた。
居るのか、居ないのか、判然としない。やはり居ないんじゃないか。
我思うゆえに我あり。
ものごとを疑っている「私」は、疑いようもなく存在している。
疑っている「私」は唯一確実に存在している。
その確実な「私」が、明晰かつ判明に認識したものは、
「私」と同じように確実である。
と、デカルトが言っていたらしい。


僕は、確実に存在しているらしい。
梨華ちゃんが疑わしいと考えている僕は、確かに存在する。
しかし、僕は、梨華ちゃんを明晰かつ判明に認識することが出来ない。
僕のお母さんのことは、一点の曇りなく、認識できる。
僕のお母さんと同じくらい明晰判明に認識できなければ、
それは確実とは言えないはずだ。
僕は果たして、梨華ちゃんを、
お母さんと同じくらい明晰判明に認識できているか?
とてもそうは思えない。手ごたえがない。嘘くさいんだ。
なんだか、夢見心地である。


なんとも形容しがたい違和感を感じながら、
僕は梨華ちゃんを見つめていた。
梨華ちゃんを、感じようとした。
どうやったら、梨華ちゃんをじゅうぶんに感じることができるのだろう。
もどかしい。もっと感じたいのに。
見つめているだけじゃ、駄目なのかな。


ライブも後半、そろそろ終わりである。
モーニング娘の出番だ。やっぱり、モーニング娘は、良い。
見ていると幸せな気持ちになる。
ずっと、見ていたいと思った。でも何事にも終わりは来る。
ずっと見ていることはできない。
諸行無常。はかない。梨華ちゃんははかない。
『I WISH』を聞いて、泣きそうになった。
人生って素晴らしい。モーニング娘が歌うと、説得力があるね。
本当に、いつも楽しそうにしているから。


最後、『Yeah!めっちゃホリディ』と『Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜』を、
ハロプロの人たち全員で唄った。
気付いたら、梨華ちゃんは、ほぼビキニ姿であった。
ふともも。二の腕。おヘソ。くびれ。
僕は、双眼鏡で梨華ちゃんだけを追っかけた。
右端に行けば、右端を見て。左端に行けば、左端を見て。


あ、そうだ。視姦するのを忘れていた。
いや、強姦。否、和姦のがいいだろ。
良い肢体だ。ひじょうに良い肢体である。梨華ちゃんとしたい。
興奮してきた。別の意味で大興奮である。
また僕は、ナニをいい感じのポジションに調整した。
ちょっと湿っている。これが例の、がまん汁というやつであろうか。
梨華ちゃんを妊娠させたらまずいので、ここでするのはやめておこう。
舞台まで飛んで、うまい具合に梨華ちゃんのナニに入り込まないとも限らぬ。


すべての出し物が終わり、梨華ちゃんがはけて行く。
舞台から消える最後の瞬間まで、梨華ちゃんを見ていた。
さようなら、梨華ちゃん
僕は、君のそばに居たんだけど、君は僕に気がついてくれましたか。
いや、いい。やっぱり気が付かなくていい。恥ずかしいから。
見られたくないんだ、僕は。
さようなら、梨華ちゃん。また会う日まで、お元気で。


僕の左隣の幼女とその母親は、とても楽しそうで、幸せそうだった。
ふたりで、ピースサインをくっつけてWのポーズをしたり、
見よう見まねで、ぎこちなくフリまねをしたりしていた。


ああ、モーニング娘が、これからも人を幸せにできる、
そんなモーニング娘でありますように。


辻ちゃん加護ちゃん、卒業おめでとう。