君も、後楽園で梨華と握手!

ネットをさまよっていたら、こんな記事を発見した。*1


09/23(木)
石川梨華(新ユニット名不明)1stシングル「タイトル未定」
PKCP-5048 \1,050 初回限定イベント参加券封入


出るとは聞いていたが、こんなに早くに出るとは思ってなかった。
9月23日か。
しかし、わかっていたことだが、ユニットというのがひじょうにウザイ。
勘弁してくれ。抱き合わせ、勘弁してくれ。ソロでいいだろ、ソロで。
馬鹿にしやあがって。
俺がなしくずし的に買っちゃうからといって、抱き合わせするとはね。
3枚買うよ。3枚。いや、どうだろう。やっぱり、3枚は買わないよ。
そうだ、ざまーみろ、俺は1枚しか買わないぞ、ざまーみろ。
梨華ちゃんのソロだったら、3枚は買うだろうけどな。
抱き合わせだから、1枚しか買わないんだよ。クソッタレ事務所が。
ざまあみやがれ。おととい来やがれってんだ、べらぼうめ。


イベント参加券が封入されるというのは、
今のところ、その真偽のほどは定かではないんだけど、
どうなんだろうか。イベント、やるのだろうか。
そしてそれは、握手会なのであろうか。


握手会? 君も? 後楽園で? 僕と握手?
じゃなくて? 梨華と握手? みたいな?
まじで? ほんとに? 信用していいの?
信用しちゃうよ?
り、梨華ちゃんと、あく、ああくあうかうあくちゅ


いや、ちょっと待て、落ち着け。落ち着くんだ。
ひっひっふ〜、ひっひっふ〜。


とりあえず、握手会が実施されると仮定しよう。
落ち着いて、冷静に、「僕が、梨華ちゃんと握手するの図」
を想像してみたいと、僕は思う。




――想像中――




うわああああああああああ!!!! ありえない!
ありえれいな! ありえれない! れいなりあえ!
僕が、あの梨華ちゃんと、向かい合って、
見つめ合って、手を、にぎにぎだなんて!
僕は、まず、確実にどもる。どもりまくる。
「り、りりり、りりりりりかりりりりりかちゃ、
ちゃんちゃんりりりりっりーん、
リーン♪リーン♪リーン♪」
僕は最終的には、秋の憂愁をさそう、小粋なスズムシになるだろう。
そんな自信がある。確固とした自信が。


そうだ、場当たり的に、無計画に、
梨華ちゃんと話そうとするから、駄目なんだ。
テンパって、どもったあげく、小粋なスズムシになっちゃうんだ。
綿密に、何を言うか、何をするか、計画を立てておけばよい。


なんて言おうかな。
うーん、僕は梨華ちゃんが好きなんだから、
思ったままのことを言えばいいね。
それだよ、それがベスト。


梨華ちゃん、好きです。付き合ってください」


( ^▽^)<ありがとうございます!


駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ駄目だ。


なんだよ、それ!? 「ありがとうございます」って、なんだよそれ?
会話になってねーよ! ふざけんじゃねーよ、このシャクレ淫乱女が!
酒ばっかり飲みやがって! インチキばっかりだなお前は!
YESかNOだろうが! イエス、オア、ノーだよ! 馬鹿野郎が!
お茶を濁すな! ヘソが茶を沸かすぜ!
おい石川、視点が定まっていないぜ。一体どこを見ている?
俺を、見ろよ。目の前にいるんだ。
エスか、ノーか。それを言うだけだろうが、お前は。


言い方が、悪いのかな。付き合ってくださいってのも、微妙かもしれんな。
どうとでもとれるしな。「ちょっとそこまで、付き合ってください」
みたいなことも、ありうるからな。ごめん、僕がわるかった。
もっと、ね、ハッキリ言ったほうがいいよね。情熱的にさ。
さっきの僕のセリフじゃ、ちょっと、あまり情熱が伝わらないよね。


「ああ、できる事なら私の胸を截ち割って、
真紅の心臓をお目に掛けたい。
愛と信実の血液だけで動いているこの心臓を見せてやりたい。
梨華ちゃん! 僕は君のことを愛しているんだ!
君のためなら、死ねる! 死ぬほど、好きなんだ!
さあ、僕と結婚しよう!
二人で、どこか遠いところへ逃げ出そう!」


( ^▽^)<ありがとうございます!


虚脱虚脱虚脱虚脱虚脱虚脱虚脱虚脱虚脱虚脱虚。
虚無虚無虚無虚無虚無虚無虚無虚無虚無。
空疎空疎空疎空疎空疎空疎空疎。
絶望絶望絶望絶望絶望。
自殺自殺自殺自殺。
虚無僧虚無僧。
僕は虚無僧。
虚無僧?


梨華ちゃん、素敵だよ、君は。実に素敵なんだ。
とても素敵な笑顔で、「ありがとうございます」か。おめでたい。
僕は、おめでたい男になりたい。僕は、おめでたい男になるよ。
その笑顔が、僕に対する真実の愛情からのものであると、僕は信じるよ。
君は、僕が好きだから、僕に笑いかけている。そう信じるよ。


「ありがとうございます」というのは、
「私のこと、愛してくれてありがとう。
実はわたしもふっち君のこと好きだったの。結婚いたしましょう。
そうね、今は、ふっち君はね、勉強のが大切だから、
ふっち君が大学を卒業したら、結婚いたしましょう。
ふっち君の卒業式の日……、
私、明治通りの『わっしょい』っていう居酒屋で待ってるから。
その時になっても、ふっちの君の気持ちが変わっていなかったら、
『わっしょい』に来てね。私、待ってるからね」
ということを意味するのだと、僕は信じよう。
信じるものは、救われる。


日本一おめでたい男。それは俺。
僕は、『わっしょい』に行く。
卒業式が終わったら、きっと『わっしょい』に行く。
梨華ちゃんが待ってるから。僕を、待っているんだから。


――いろいろ考えてみたが、もし握手会があって、
僕が梨華ちゃんと握手をするならば、結局、僕はこう言うだろう。
梨華ちゃん、がんばってね」
できるだけ、爽やかな笑顔で。
梨華ちゃんの笑顔に負けないくらいのとびっきりの笑顔で。
僕の笑顔がきわめて醜いのはわかっている。
でも僕は笑って言うんだ。
梨華ちゃん、がんばってね」


僕にできるのは、それだけだ。僕がすべきことは、それだけだ。
梨華ちゃんを、応援するだけだよ。一ファンとしてね。
それが、ベストなんだよ。そのくらいわかってるよ。
わかりすぎるくらいに。


僕に許されるのは、握手をした後、手を洗わず、家に帰って、
ナニをすることぐらいだろうな。
「わあ! こりゃあ、梨華ちゃんの、間接手○○じゃないか!
た、たまらん、興奮するう! ああ、梨華ちゃん梨華ちゃん
気持ち悪いとか、言わないでくれ。
それくらいは、頼む、許してくれ。お願いだ。
こんなにもみじめじゃないか、僕は。
母性本能を、発揮してくれ。
それくらいは、許してくれ。
僕には、そんなことくらいしか、できないんだから。
ねえ、梨華ちゃん
君が好きだよ。
気が狂いそうなほどに。

*1:この文章は、8月10日に書かれました。