浦和学院、敗退

僕は埼玉で生まれ、茨城で8歳まで過し、
それからはずっと埼玉で生活している、生粋の埼玉県人です。


ださいたまとか言わないでください。
ださくない! 埼玉はださくないんだ!
母性本能を発揮してくれ! こんなにもみじめじゃないか埼玉は!
さいたま新都心はなんであんなにゴーストタウンなんだ?
普段はちっとも人がいやしないじゃないか。


愛しい我がさいたま。いじらしい埼玉。
東京っぽくなろうとしてことごとく間違ってる感じの埼玉。
僕はこんな無邪気でやぼったい埼玉が大好き。


そんな可愛らしい埼玉の代表、浦和学院は、うちの兄貴の出身校。
だから、ちょっとした愛着はある。
しかし、今回は残念ながら2回戦で姿を消しちゃった。
たぶん僕のせいだ。僕が厄病神だから。


試合結果
中京 000000024 6
浦学 002000002 4


テレビをつけたとき、8回の表、中京の攻撃、浦学が2点リードしていた。
「うむ。こりゃ、このまま勝ちだろうな。よきかな、よきかな」
って、安心して見ていた。
その直後、ランナーを一人おいた状態で、ホームランをぶっ放されました。
同点になっちゃった。同点だけに動転しちゃった。
面白いだろ? このダジャレ、最高じゃないか?
……そんなことはどうでもいい。
あれ? 疫病神? 俺ってひょっとして疫病神?
僕が見始めたとたんに流れが変わった様子だよ。
悪い風が吹いてきた。嫌な予感がした。すごく嫌な予感が。

8回裏、浦学の攻撃。
すったもんだあって、中京は満塁策をとる。
1アウト満塁。
浦学の爆裂打線に対して満塁策とは自殺行為に等しいと思った。
僕は半ば浦学の勝利を確信した。
カキン。ぼてぼて。素晴らしく綺麗なゲッツー。あれ?
教科書にのるくらい見事なゲッツー。おい! 何だよそれ!
やっぱりあれか、厄病神なのか、俺は……。


9回表、中京の攻撃。
1アウト3塁。
ここで、浦学は満塁策をとる。
おいおいドラマチックだな。満塁策のお返しかよ。


僕は、すごい嫌な予感がしていた。
そもそも、僕は満塁策には反対だった。
流れは完全にあっちにいっていたし。
さらに、僕という厄病神が見守っているのだ。


「左中間まっぷたつ! 走者一掃の2ベースヒッツ!」
あああああああああああああああ。やっぱりやっぱり。
僕の厄病神っぷりに感心するほどだよ。
だいたい、ヒッツって何だよ。ヒットだろうが!
むかつくわあああああ。


結局、9回裏の追い上げも及ばず、6−4で浦学の負け。
ごめんなさい。僕が厄病神のために、みんなの青春が終わってしまった。


地元の学校が負けると、高校野球はとたんにつまらないものになるなあ。
なんか、むなしくて。せつなくて。
あまりに淋しいので、僕は、遊学館(石川)を推していきます。
深い意味はないけど。梨華ちゃんだからさ。
県名が名字とかぶってるだけだけど。
本来なら梨華ちゃんの出身地の横浜高校を推すべきなんだろうけどさ。
エリートエリートしててあんまり好きじゃないんだよね。


まあとりあえず、遊学館石川梨華)1推し、横浜高校2推し、
ということで、ひとつよろしく。