幼女と遊んであげた

上尾のおばあちゃん家に行ってきた。
中途半端に酒を飲んだ。すっげーだるい。極めて鬱だ。


いとこが子供(幼女3〜5歳?)を連れてきていて、
僕はその幼女と遊んであげた。
彼女は相当にかわいい。
将来はとんでもない美人になるだろうと思う。
石川梨華ちゃんより可愛くなると、断言してもいい。


彼女はワンピースを恥ずかしげもなく大胆にめくり、
「うわーい、見せちゃう」
などと言って、パンツおよび乳首を僕に向けて露出してくる。
目のやり場に困る。まさか、喜んで見るわけないだろう!
いくら僕が変態だからと言って! 馬鹿にしないでくれ!
「あんまりパンツとか見せちゃいけないよ」
ってね、軽く注意しといた。


あと、彼女は、「ちんちん」とか、すごく言うね。
破廉恥なんだよ、とにかく。こっちが赤面するよ。
「あんまりちんちんとか言っちゃいけないよ」
って、軽く注意しといた。


僕は、どうやら子供には好かれる。モテモテなんだよ、幼女に。
馬鹿だからな。幼女は。美的センスも、知恵もないから。
僕のおぞましさに気付かないんだよ。
僕の容貌の醜さに気付かないんだよ。
僕の精神の汚さに気付かないんだよ。
彼女は僕を良い人間だと思ってるわけでも、僕を愛してるわけでもない。
彼女は、ただ、僕の醜さに「気付かない」だけなんだ。


知恵が多少なり付いてくると、僕の精神の気持ち悪さに気付いてしまうんだ。
美的センスが付いてくると、僕の容貌の気色悪さに気付いてしまうんだ。
その証拠に、親戚の女の子は、成長するにつれ、どんどん僕から離れていく。
僕を汚いものでも見るみたいにして見るようになる。なんだあの目は。
おそろしい、あの目。人を死に追いやりかねない目つき。
僕の存在を全否定するようなあの冷たい視線。


不安だ。とても不安だ。
僕は、どうしてこうも、奇形なんだ?
容貌も、精神も、歪んでいる。
僕は、なんで、奇形なんだ?
奇形なんだろ? そうなんだろ?
だから人に愛されないんだろ?
気持ち悪くてしょうがないんだろ?
僕だって気持ち悪いんだよ、自分が。
他人が見たら、もっと気持ち悪いに決まってる。
人に愛されるって、どんな感じなんだろう?
人から、他人から、存在を全肯定されるって、どんな感じだろう?
いったいどんな気持ちになるんだろう?
きっと幸せなんだろうな。とっても幸せなんだろうな。