ふっち君の日記。

石川梨華ちゃんにガチ恋しているおじさんの記録

僕の聖なる夜に救いはあるか

行ってきた。酔いもさめた。色んなことがどうでもよくなった。


僕はチケット売り場の綺麗なおねえさんに、
「とっと、え〜、犬夜叉お願いします」
とっとこハム太郎お願いしますとは言えなかった。
同時上映の犬夜叉に逃げてしまった。情けない。
んで、おねえさん、怪訝な顔して、
「お一人様ですか?」と。
見ればわかるだろこの末期的破廉恥ブス女!
ま〇こに手突っ込んでガタガタ言わしてやろうか?
と思ったけど、「一人です」と答えました。
なんか僕はいつもいつも「一人です」って答えてないか?
まあいいや。それから劇場に入った。
ガランガラン。客10人くらいしかいない。
親子連れとカップルやら何やら。
映画は、あややムがめっちゃ可愛かった。
あややの声がほわっと柔らかくてとても良い。
で、リカハム! 梨華ちゃんの声だ・・・
ふと隣に梨華ちゃんがいるような気がして隣の席を見たけど、
やっぱり誰もいなかった。
切ない。梨華ちゃん。切ないんだ。
ねえ僕は、いったい何をやってんだろう?
リカハムが画面に登場するたびに、僕はリカハムを凝視した。
かわいい。リカハムかわいい!
なんでリカハムを見るだけで胸がキュンとなるんだ?
2次元とか3次元とかわけわかんなくなってきた。
梨華ちゃんは実在するのか?
じゃあリカハムは?
そんなこと考えてたら、いつのまにか終わってた。
最後の方ではハム太郎の友情に感動して泣いた。
むりやり感動して泣いた。泣きたかったから。
天才! LET'S GO あややムが凄まじいほどの大名曲に聴こえた。
その後の犬夜叉は、実に面白くなかった。
ドカンドカンやってるだけでストーリーも理解不能
普通に睡眠をとってしまった。
映画が終わって明るくなったら、酔いだけでなく、
僕の中のありとあらゆるものが醒めた。
セックス! とか叫ぶ元気も出ない。
梨華ちゃんは可愛いけど、その声はなぜか僕を悲しくさせる。