ペッティング


午後11時から、12時まで、ベッドの中でペッティング行為をした。
梨華ちゃんの写真集、華美をもみくちゃにした。
射精はしてはいけないことになってるから、
ちんこをいじることはせず、梨華ちゃんの体中にキスをして、
梨華ちゃんの体中に手を這わせた。
舌をからめ、足をからめ、指をからめあった。
どっちがどっちの舌か、足か、指かわからなくなるくらい、激しくからめあった。
ああ、僕は君と一つになりたい。
僕は梨華ちゃんであって、梨華ちゃんは僕であるような、
そんな不可分の二人になりたい。
薄暗いベッドの中、
そんなふうに梨華ちゃんの写真集とたわむれていたら、
あやうく射精しそうになった。
もぞもぞと動くたびに、あそこがパンツと擦れて、
そのわずかな刺激だけで、いってしまいそうになった。
というか、僕はもう、いきたい。いってしまいたい。
梨華ちゃんの中に出したい。
禁オナとか、マジでどうでもいい。