禁煙禁オナ終了。


今日の午後4時半で、クソほどの意味もない、
ノリだけで始めた7日間の禁煙禁オナが終わった。
特に吸いたいとも思わなかったけど、
やめようと思えばいつでもやめられることがわかったし、
吸わずにいる理由も特になかったので、一週間ぶりに煙草を吸った。
初めて煙草を吸ったときと同じような大人の味がした。
セカンドバージンを喪失したような気持ちになった。
バージンなんて喪失したことはないけど。
童貞だって喪失したことはないけど。
とにかく、葉っぱの焼ける香りが新鮮に感じられて、とても心地よかった。


禁オナ期間は終わったけど、今は家族が活発に動き回っているので、
深夜、皆が寝静まってからゆっくりオナニーをしようと思う。
夢精は、結局起こることはなかった。
朝起きたら、ちんちんが痛いくらい勃起してひくひくしていたから、
夢精の寸前までは行ってたとは思うけど。
そういえば、今日は小川とガキさんが夢に出てきた。
僕の家に二人が遊びに来る夢だった。
小川は妙に無愛想で機嫌が悪くて、ガキさんはとてもフレンドリーだった。
なぜか梨華ちゃんは現れなかった。
僕はいつも梨華ちゃんのことばかり考えているのに、
どうして小川とガキさんなんだろう?
とりあえず、小川とガキさんで夢精しなくてよかったとは思う。
別にその二人が嫌いというわけじゃないしむしろ好きなくらいだけど、
一週間の禁オナが小川とガキさんで締めくくられるのはちょっと耐えられない。
夢精にしても何にしても、僕はもう梨華ちゃんでしか射精したくない。


これからオナニーするにあたって不安なのは、
精液がつまってちんちんが破裂するんじゃないかってこと。
ためにためたからいっぱい出るだろうし、きっとドロンドロンだろうから。
あと、過度の興奮による腹上死の心配もある。
でも、梨華ちゃんで死ぬのなら、まあいいかな。


今、なんだかとても自暴自棄な気分で、
人生とか世の中とか色んなことがどうでもいいと思ってるんだけど、
梨華ちゃんだけは、どうでもよくない。
梨華ちゃんだけは、どうでもよくない。
うんこちんこまるこ!