ヤンマガ


表紙の小川がかわいかったから買った。
うそだよ。梨華ちゃんがかわいかったからだよ。


( ^▽^)<かおたんは私にとってお姉ちゃんみたいな存在だからモーニング娘。を卒業しても私のお姉ちゃんでいて下さい♪


と言う梨華ちゃんはちょっとぽっちゃりしていてとても可愛いポーズをしてとても可愛く笑って写っていた。こんな時に必要なのはまさにサランラップなのに、どうしてサランラップがどこにもないんだ? サランラップなしでは、肉まんがカピカピになってしまうよ。


それはそれとして、梨華ちゃんは僕にとってお姉ちゃんみたいな存在になって下さい。仲の良い、姉弟みたいな関係になろうよ。姉弟だから、一緒にお風呂に入ってもいいんだ。僕は弟だから、梨華お姉ちゃんに奉仕しようと思うんだ。僕は梨華お姉ちゃんの乳まわりを特に念入りに洗おうと思う。ときに優しく、ときに力強く。僕はもしかしたら洗っているうちに梨華お姉ちゃんのおっぱいの弾力を手のひらに感じてそのために中学2年生的な興奮をしてしまっておかしなものを巨大化させて梨華お姉ちゃんのおしりかもしくはくびれあたりにそれをこすりつけてしまうかもしれないけど、別にいいよね、だって姉弟みたいな関係なんだから僕らは。
梨華お姉ちゃん! 梨華お姉ちゃん! 梨華お姉ちゃん!
ねえどうしてそんな悲しそうな顔をするの?
憐れむような目で僕を見るのはやめてください。


飯田さんのコメントによると、梨華ちゃんは「本当に大人になった」らしい。
僕はあらゆる意味においてまだ大人になっていないのに、
どうして梨華ちゃんは大人になっちゃうの?
「本当に」っていうことは、やっぱり「本当に」ってことだよね?
僕はいつになったら「本当に」大人になれるのかな。
僕は大人になることができないまま、死ぬまでサランラップか。
笑えるぜオネエちゃん。
僕に、肉まんをあたためるためのサランラップをください。
一生、使い切れないくらいの。