飲み


 笑笑で飲んだ。となりのテーブルの女の子が帰ったあとに、ストローと箸を素早く奪って箸をなめた。ストローも舐めたかったけど、ark君に先に舐められた。ストローを下さいと僕は懇願したんだけど、ark君はそれを独り占めした。しばらくするとそのストローは姿をくらました。ark君がうまいこと隠したんだろうと思う。結局僕はなめることができなかった。そのストローで、可愛らしい女子がチューチューしたストローで、僕はビールを飲みたかった。そうしたら幸せになれるんじゃないかと思った。でも多分それは間違った幸せだから、ark君の判断は正しかったんだと思う。しかしark君はそのストローを自宅に持ち帰り、それを使用してありとあらゆるものをチューチューと吸い尽くすのではないかと思われる。いやらしいね。