( ^▽^)<おはよ♪


 今は4月5日の午前8時。どっちの日付で書けばいいのかわからない。昨日の日記を書くには色んなものを忘れすぎているし、今日の日記を書くには時間が早すぎるんだ。まあいいや。とりあえず重要なのは、きちんとリカニーをしたのかどうかってことだ。これは要するにリカニー日記なんだ。最初は政治とか哲学の本質について語ろうと思っていたんだけど、いつのまにかリカニー日記になった。何が起こるかわからないよ人生って。何が起こるかわからないってことは、僕が梨華ちゃんと結婚しちゃう可能性も否定できないってことだ。僕はその可能性を信じて生きてゆきます。それまでは、僕はリカニーしかしないことに決めたのです。


 4月4日昼、うちに泊まったLeaderさんパッくんを駅まで見送って帰宅してすぐにリカニーをした。ハロショで買った写真を見ながら。ふとももがありえないほどのエロス。どちらかと言えば、いっぱい出た。


 4月5日の午前3時ごろ、昔のMステやらうたばんやらのビデオを見ていたら、梨華ちゃんがかわいすぎてどうしようもなく興奮しちゃったので、愛情が反社会的なレベルに達しないうちにリカニーをしてそれを形而上学的に放出した。やばかった。あやうく反社会的な人間になるところだった。正直なところ、ギリギリのラインにいるんだ最近。リカニーのおかげで逮捕されずにすんでいるみたいなところはある。ありがとうリカニー。


 それにしても梨華ちゃんは昔からずっと変わらずにかわいいね。反社会的なほどにかわいい。そうか、だから僕もつられて反社会的な人間になっちゃうのか。なるほど。納得がいった。獄中結婚ってのも、案外あり得るかもしれないな。ロマンチックで素敵だと思う。獄中ならセックスもできないし、プラトニックラブが完成されるような気がする。