梨華ちゃんと華厳の滝


 朝、モ研のark君とLeaderさんを連れて帰宅して、ふたりを寝かしつけたあと、ベッドに腰かけて、A4トレーディングポスターの梨華ちゃんを見つめて、「梨華ちゃん卒業おめでとう。5年間、いっぱい頑張ったね、梨華ちゃん」と、かわいらしく呟いてみたら、なぜかわからないけど、滝のように涙が流れた。華厳の滝くらいの勢いで流れた。ポスターにドバドバ涙が落ちて、「やっべ、涙やっべ!梨華ちゃん濡れ濡れやっべ!」と言って慌ててティッシュで拭いた。そして僕はポスターをしまってふとんをかぶって泣きながら寝た。でもよく考えたら泣く必要はそんなに無かった。だって梨華ちゃんはまだまだこれからなんだから。まあ、僕の日記はこれで終わりだけどね。


 最後に言うことがあるとすれば、「僕は梨華ちゃんが大好き」ということと、「梨華ちゃんは少なくとも25歳までは処女」ということ、これだけですね。今まで読んでいただいて、どうもありがとうございました。


――ふっち君の日記。第一部「僕の切ない片想い」 完――


( ^▽^)<この日記ヒドス!