鼻水


 の話題ばっかりで申し訳ないんだけど、でも梨華ちゃんを別にすれば今の生活の中心を占めてるのはまさに鼻水だから書くんだけど、ガンガン出るね。なにこれ。際限なく出てくる。ホントに花粉症なのかどうか怪しくなってきたよ。だって、目が痛くないんだよ、ぜんぜん。そして咳が出るんだよ。さらに言えば熱がある。そりゃ僕は梨華ちゃんにお熱なわけだけど、そういう種類の熱じゃなくて。物理的に熱い。測ってないけど、たぶん熱があると思う。今おでこに手をあててみたら、少し熱かった。
 僕は要するに、何かの病気なんじゃないかと思う。不治の病だったら素敵だなと思う。もしそうだったら、ファンレターなんかで、

 僕は実は不治の病なんです。基本的には治らないんです。そんなわけで、ぶっちゃけた話、死ぬ前に梨華ちゃんに会いたいです。もしかすると、梨華ちゃんに会えたらね、これ、治っちゃうかもしれないんだ。治るような気がする。お医者さんも言ってました。東大の理科三類を出た優秀なお医者さんです。その理三の人が、『ああ、これは基本的には不治の病だけれども、君のいとしの人に会って、その人にペニスを握ってもらえば、ひょっとしたら治るかもしれんですね』と言っていたんです。梨華ちゃん理科三類ですよ。まあキチガイです。理科三類に受かるなんて間違いなく頭がおかしいです。でもね、このお医者さんは人格には問題がありますけれど、医学的な見識には信用がおけます。だから梨華ちゃん。おねがい。マジで。お見舞いにきてペニス握ってくれないかな。さもないと死ぬんだよ僕は。まさか、来ないなんて言わないよね? 今までさ、どんだけ梨華ちゃんの為にお金つかったと思ってんの? 高嶺の花を気どるのもたいがいにしろよ梨華。あ、よ、呼び捨てにしちゃった・・・。書き直すのめんどくさいから書き直さないけど、ほんとゴメン。それほど親しくもないのに呼びすてにしちゃって。梨華ちゃん。これでいいか。これでも慣れなれしいと君は言うか。じゃあ梨華様。梨華様? ちょっと待てよお前何様なんだよ。なんでこんなに下手に出なきゃいけないんだよ? 僕は不治の病なんだよ、なめんなよ梨華様。いいから、もういいから、ウンコとかしないでいいから、そんな暇あったらさっさと俺が隔離されている病棟に来て俺のペニスを優しく握り締めろよ。治らないんだよ風邪が。ちがう、不治の病が。とにかくね、僕は待ってるから、梨華ちゃん。愛してるよ、チュ♪

 ということを梨華ちゃんに伝えようと思う。梨華ちゃんはきっと来てくれる。僕はそう信じてる。本当の気持ちはきっと伝わるはずだろ? なあ高橋愛ちゃん、そうだろ?