ヒトカラ


 そのあと僕はカラオケボックスに行った。ちょうど梨華ちゃんが大阪でいろんな人と握手をしている時に、僕は一人で歌っていた。僕の想いよ梨華ちゃんに届け、と思いながら一生懸命うたったけど、たぶん届いてない。僕の声なんか、誰も聴いてない。僕だけしか聴いてない。僕の入っていた部屋は、とっても広かった。とっても。無駄に。