ふっち君の日記。

石川梨華ちゃんにガチ恋しているおじさんの記録

和民


 モ研のみんなと、和民で酒を飲んだ。あんまりうまいとは感じなかったけど、どんどん飲んだ。おしぼりがあったけど、手は拭かなかった。
 途中、誰かから着信があった。誰かはわからない。かけ返してみると、「高田さんですか?」と聞かれる。「ちがいます」「どうもすいません」「こちらこそすいません」と言って僕は電話を切った。
 トイレに行って、うんこをするために設けられた個室に入った。便器にすわり、さきほど梨華ちゃんと握手をした手をしみじみと眺めた。いつもと同じ手だ。しみじみとにおいをかいでみた。煙草と石鹸の混じった匂いがした。梨華ちゃんの手の感触を思い出そうとした。しかしうまく思い出せなかった。ズボンを下ろし、ちんちんをつまみ、いい感じの位置に動かし、おしっこをした。同時に水みたいなものが目から鼻からあふれて出てきた。僕はトイレットペーパーでもってちんちんの先っぽと目と鼻を拭いた。
 みんなのもとへもどると、「リカニーをしていたんですか?」と訊かれた。