リカニー

 もうだめだ、やっぱりもう楽しいことなんてリカニーしかないんだ。僕はリカニーをした。ゴシゴシ、ゴシゴシ、りかりん、あ、梨華ちゃん! りかりん? 梨華ちゃん? どっち? どっちなの、いったいどっちの石川さんを僕は好きなのか? あん、どっちでもいい、どっちもかわいい、どっちも大好きだよ梨華りんちゃん、田中ふちりんちゃんは石川梨華りんちゃんを愛していますうううぁあうあうあう。あうあうあ。うあうあう。あうあ。うあう。うあうあう。てぺのこち、つのふくら、さのちめち。ふっかつのじゅもんみたいなうめき声をもらしながら僕はすっごい濃い感じのものをドッバドッバ出した。出したっていうよりは、出たっていう方が近いかもね。自動詞。これはある種自動的なもんだから。出ちゃった。梨華ちゃん。飲んでくれるの? ありがとう。梨華ちゃんは、優しいね。さすが優しさ担当だね。ふふふ。だいすき。僕は梨華ちゃんのその優しさを愛してる。奈落の底まで愛してる。ゴシゴシ、どばどば、ゴシゴシ、どばどば。僕はもうどうにかなりそうだ。気が狂いそうだ。ゴシゴシ、どばどば。