かめりん

 そのあとまた眠くなったので、眠った。それで、またご飯を食べる時になったので、目を覚ました。オムライスを食べながら、テレビを観てたら、亀田興起が出ていた。僕はこの男を、単なるDQNだと思っていたんだけど、実はいい人だった。親孝行を第一に考えてるひとだった。お金をかせいで、親にいい暮らしをさせてあげたいんだって。僕は、父親と一緒にそれを聞いてたわけだけど、非常にいたたまれなかった。僕は、正直言って、リカニーを第一に考えてます。お父さんごめんなさい。僕は、お父さんのことより、リカニーの方が好きです。リカニーが最高潮だという理由で、親の死に目にも会わないと思います。

 でも梨華ちゃんは、興起には渡したくない。いい人なのはわかる。才能があるのも認める。だけどさ、絶対乱暴なセックスすると思うんだよ興起は。バックから入れたら、すごい音がするんだよ。パンパンって鳴るんだよ。ちょっとあなた、興起が梨華ちゃんをバックから犯してるところ想像してごらんよ。パンパンパンパンパン! あっあっあっあっあっ! いやだよそんなの。自殺したくなるよ。あー駅弁とか好きそうだ。鬱だ。これは僕の個人的な意見だけど、興起は梨華ちゃんのことが好きだと思う。できればヤリたいと思ってるはずだ。そして梨華ちゃんも、興起のことを憎からず思ってるような気がする。というか、その気がなくても、興起に押されたら、無理!とか言えないと思う。梨華ちゃん、駄目だよ、興起だけは駄目だからね。あいつは、いい奴だけど、乱暴なセックスをするんだから。梨華ちゃんのからだ、壊れちゃうよ。ところでね、僕だったら、とても優しくするんだけど。なにしろ童貞だもの。何もかも手探り状態だよ。あそこの位置だってよくわからないよ。音なんて絶対に立てないよ。声は、ちょっと出るかもしれないけどね・・・。梨華ちゃん、とにかく明日、待ってるからね。午後3時30分だからね。