カビつき?オナホールの巻

 オナホールの中に、何か黒いものが発生していた。中の壁に、黒いカタマリがいくつかこびりついている。カビのように見えるけど、何なのかはよくわからない。オナホールと、ローションと、精液とが、互いに複雑な化学反応を起こして、その結果として、何か新しい化学物質が生成されたのかもしれない。とにかくそれは黒くて、いやな感じのする物体である。食べたら、たぶん死ぬような気がする。とりあえず、僕は食べなかった。それを取り除こうと努力した。でも穴の奥の方にそれはあったし、壁に強くこびりついていたので、全部は取り除けなかった。僕は取り出すことができた黒いものを指の上にのせて眺めてみたけど、やはりそれが何なのかはわからなかった。それから、まだ黒いものは点々と残っていたけれど、僕は気にしないことにして、そのオナホールをつかってリカニーをはじめた。ちゃんと問題なくリカニーはできた。いつもと同じくらい気持ちよかった。僕はいつもと同じように、梨華ちゃんの写真をなめながら、穴に出し入れして、「梨華ちゃん、好きだよ!」と叫ぶのと同時に射精した。しばらく放心状態になったあと、オナホールを洗面所にもっていって、穴を下にむけてしぼった。牛の乳搾りをする要領で、僕はオナホールをしぼる。そこで僕は「まさに、牛の乳搾り、まさに!」という一発ギャグを思いついたが、あまり愉快な気持ちにはならなかった。とにかくそうして、僕はローションと精液をしぼりだした。あたりに嫌な、くさったイカみたいな、くさった死体みたいな、そんな匂いがただよった。そのとき、ああ僕はきたないことをしたんだ、と思った。きたならしいことをした。僕は、梨華ちゃんを汚したんだ。すると、オナホールから、ローションと精液にまじって、例の黒いものが出てきた。カビなのか、何なのか、わからないものが。