梨華ちゃんは

 めざとく僕を発見した。梨華ちゃんはたびたび僕のことを見つめた。結構長い間見つめあうこともあった。ちなみに僕は壁ぎわにいたのだけれど。いちばん後ろの。