アイドルについて

 いきなりだけど、アイドルという職業は人々からもっと尊敬されてもいいんじゃないかなあと思う。聖職といっても過言ではないのではないか。過言だろうか。アイドルは特定の誰かを愛することはせず、万人を平等に愛し、万人に幸せを与えているのだから、とても立派なことをしている、と思う。アイドルのみなさんは後ろめたいような気持ちを抱きながらアイドルをしているように見えるんだけど、それは僕の気のせいだろうか。アイドルと呼ばれることよりも、「アーティスト」とか「ロックボーカリスト」とか「平成の歌姫」とか呼ばれることを望んでいるような気がするのは、一体どういったわけであろうか。自分の美貌をいいことに男たちとの交際を絶やさない女性と、肉欲を抑え行いを貞淑にして万人に愛や夢や喜びを与えている女性とでは、どちらが美しいだろうか。梨華ちゃんには、アイドルという職業を誇りに思って、胸を張って生きていってほしい。少なくとも僕は、アイドルという職業を完璧にこなしている梨華ちゃんのことを、心から尊敬しています。