ある昼下がり

 ふちりんとりかりんは縁側でひなたぼっこをしている。
 小鳥がかわいい声でさえずる。
 りかりんはそのさえずりに耳をすませる。
 ふちりんはコップに注がれた発泡酒を丁寧に飲む。
 「ぷはあ。おいしいなあ。やっぱり麒麟淡麗が一番好きだなあ」
 りかりんは、庭に降りてきた小鳥を見つめながら、
 「ふちりんたら、いくつになっても淡麗が好きなのね。なんて安上がりなお人かしら」
 「うん、そうなんだ。僕はいつまでたっても安っぽい人間なんだよ。……ってコラー!」
 「ふふふ。ふちりんたら、いくつになっても、コラーを使ったノリツッコミが好きなのね」
 「へへへ。まあね」
 庭を歩いていた黄緑色の小鳥がふわりと飛んで縁側に着地した。
 「あら、小鳥さんが廊下に来たわよ」
 りかりんは愛しげな目で小鳥を見つめる。
 「あれ、梨華ちゃんって、鳥が嫌いじゃなかったっけ?」
 「ふふふ、昔はそうだったけどね、今ではそんなことないわ。むしろ好きだわ」
 「へえ。あんなに嫌いだったのにねえ。変われば変わるものだね」
 小鳥はぴょんぴょんと歩き、りかりんの膝の上に乗った。
 「あら、あら、どうしましょう」
 「へへ、その小鳥、きっと梨華ちゃんのことが好きなんじゃよ」
 りかりんは少し身を硬くしたが、鳥への眼差しは柔らかい。
 「でもねえ、その小鳥よりも僕のほうがもっとも〜っと梨華ちゃんのことを好きじゃよ!」
 小鳥は羽を目いっぱい動かして青空へ飛び去った。
 「もう、ふちりんたら。びっくりして逃げてしまったじゃないの」
 「ごめん。あのね、梨華ちゃん
 「なあに?」
 「……好きじゃよ!」
 まったくもう、と言って、りかりんは笑った。