大宮駅のライブレポ

 大宮駅について西口に向かうと、かわいらしい歌声が聞こえてきた。人魚の歌にさそわれるがごとくフラフラとそちらに向かった僕が目にしたのは、得体のしれないアイドルグループだった。観光協会のイベントであるらしい。30人くらいの人が、駅内の広場の安っぽい舞台の前に集まっている。僕は3列目くらいのところに行って得体のしれない5人のアイドルを見た。「笹の葉さらさら」の曲をポップ歌謡風にアレンジした曲をかわいい踊りを踊りながら歌っている。名前もグループ名もわからないが、みんなとても可愛いということはよくわかった。僕はやや夢中になってそのアイドルたちを見つめた。その中の1人に対して「あの子ちょうかわいい。超絶オレのタイプ」と思ってしまった。小規模のPPPHが行われた。僕はやらずに黙って見ていた。ライブが終わると、10代後半と思われる5人のアイドルは肩で息をしながらまばゆい笑顔をつくっていた。ヲタ風の人たちが恥も外聞もなく写真をとりまくっていた。司会のおばさんが「さて、ホニャニャラのみなさんが旅行案内のチラシをくばってくださいます」と言うと、会議室にあるような机が用意され、得体のしれぬアイドルによるチラシを配る会が始まった。30人くらいのヲタ風の人たちがゆっくりとしたスピードで列を作った。チラシを配る会なのになぜか握手もしている。僕も僕好みのあの可愛い女の子と握手をしたいと思ったが、こんなときに得体の知れないアイドルとヘラヘラ笑って握手している僕の姿を想像したらひどく嫌な気持ちになったので、その集まりに背を向けて駅を出た。