彼女

 みんなでレストランに昼食を食べに行った。
 甥っ子たちは僕の隣に座った。
 5歳の甥っ子が、テーブルに置いてあった僕の携帯をとつぜん奪い取った。

 甥っ子は待ち受け画像を見て「うわ、なにこの写真! キモーイ!」と叫び、「これだれ?」と梨華ちゃんを指して言った。
 「それはね、僕の彼女だよ」
 「えー! ふっちって彼女いたの?」
 「あたりまえだよ! 彼女くらいいるよ! 馬鹿にしないで!」