ハワイツアーレポ1日目、空港にて

 荷物でパンパンに膨らんだユニクロの黒いトートバッグを肩にかけた僕は、生まれて初めて成田空港の駅で降りた。外人たちが多く見受けられる。ターバンを巻いたイラン人らしき人が僕の先を歩いている。あれはまさか梨華ちゃんのハワイツアーには行かないだろう、と思った。僕はそのイラン人的な肌の浅黒い人の後を歩いていた。その人は僕の辿るべきコースを歩き続けた。そして最終的に、石川梨華ファンクラブツアーのみなさんがいるところで彼は足を止めた。僕も足をとめた。イラン人めいた人は、係の者から参加者用の首にかけるカードを受け取った。僕も受け取った。イラン人っぽい人がカードを首にかけながら僕を見たので、「こんにちは、あなたはイラン人ですか?」と尋ねた。するとその人は、「そうデス。わたしはイラン人デス」と言った。
 「梨華ちゃんのファンなんですか?」
 「そうデス。私は梨華チャンが好きデス。梨華チャンはナデシコ・ヤマトです。私は彼女と……結婚したいと思っているのデス」
 「そうなんですか……。でもそれは無理ですね」
 「エッ、どうしてデスカ?」
 「なぜなら、僕が梨華ちゃん結婚するからです」
 「ガッデム! まったく何ていうことを言うのデスカ。梨華チャンはワタシのものになる予定デス」
 「ちがうよ。僕のものになる予定だよ!」
 「何ダト! このバカ! ファッキンジャップ!」
 「てめえ! ファッキンジャップくらいわかるよこの野郎!」
 すると係の者が慌ててやってきた。
 「すみません、お二人とも、落ち着いてください。まだ何も始まってないのにおっぱじめないでください」