世界一の甘えん坊

 昨日メイド喫茶に行ってきたお。友人のざっさんが、初任給が入ったのでおごりますよ!と言ってくれて、お言葉に甘えておごってもらった。社会や親だけでなく友人のスネまでかじってしまい、ごめんなさい。でもしょうがないじゃん、ふちりんは末っ子の三男坊なんだから。甘えるなというのが無理な話だよ。これからも色んな人に甘えて生きていこうと思います。そのかわり、みんなも僕に甘えていいんだからね。いつでもヨシヨシしてあげるからね。世の中が辛くなったらいつでも僕のところにおいでよね。

 最近知り合ったMさんが隣のテーブルにいて、Mさんとざっさんとメイドさんがモテについての話をしていました。それを聞いていたモテない僕は、「モテるかモテないかなんて、どうでもいいことじゃないか。大切なのは、人をどれだけ深く愛せるかじゃないのか?」という考えが頭に浮かんできて、それを言おうとしたけど、タイミングを逃してしまい、言えませんでした。
 あと、20過ぎても童貞や処女だと恥ずかしいのでは?という話が出たけど、僕はそんなことはぜんぜんないと思う。人が人と愛し合うことは素晴らしいことだし、経験者にしか語れない素敵な世界もあるだろう。でも、純潔を守るのは尊いことだと思うし、童貞や処女にしか見ることができない美しい世界ってきっとあるよ。だからさ、梨華ちゃんは24歳なのに処女だけど、そんなのぜんぜん気にすることないよ。もし梨華ちゃんをそのことでバカにする奴がいたら、僕に言ってくれよな。この日記でそいつのことをボロクソに書いてあげるから。

 それにしても、メイドのりこちゃんが超かわいかった。なんであんなにかわいいんだろう。変顔対決したよ。りこちゃんは変顔でもかわいい。僕はただでさえ変顔だから、きっとこの世のものとは思えない顔になっていただろう。あと、りこちゃんはこの日記を読んでるらしいんだよ。恥ずかしいなあ。おーい、りこちゃん見てる? 好きだよ!