「たのしいドルヲタ図鑑」に載りました


https://33man.jp/article/column11/000249.html

 最初は、何かの詐欺のメールなのでは?と思いました。でも、ベースマガジン等でおなじみの(株)リットーミュージックさんの名前が書いてあったから、詐欺ではなさそうな気がして、丁寧に返信をしました。そしたら、メールのやりとりを経て、本当に(株)リットーミュージックの人が僕の家にやってきたので、びっくりしました。担当者のSさんは女性の方だったため、まるで女を自分の部屋に連れ込んだみたいな感じになり、家族に対して気まずかったです。Sさんは、自分が本当に(株)リットーミュージックであることを示すかのように、まず最初にベースマガジン11月号をプレゼントしてくれました。ありがとうございました。その後、僕は気をきかせて冷蔵庫からコーラを持ってきて、Sさんに飲ませました。僕もコーラを飲みながら、梨華ちゃんへのガチ恋について質問され、くわしく答えました。

 話がガチ恋の深みに達してくると、心の奥から切実な悲しみが呼び起こされ、少し涙ぐんでしまったけれど、がんばって話を続けました。なんでそこまで頑張ったかと言うと、もう二度と、僕のような病的なガチ恋おじさんを出してはいけない、という強い使命感があったからです。若いヲタのみなさんには、ガチ恋のない、健やかな応援をして行ってほしい。そう心から思っています。

 このインタビュー記事は、すぐに2ちゃんに晒され、「ふちりんはガチ恋というよりも、TO(トップヲタ)になりたかったんだろうな」という書き込みが為されていました。僕は梨華ちゃんに恋をしているし(これが恋じゃなかったら、いったい何なんだろう?)、TOにもなりたいです。でも、現在の梨華ちゃんのTOは、誰がどう考えても、ヒッシー会長です。ヒッシー会長は、ヲタにも梨華ちゃんにも愛されていて羨ましく思います。僕はまだ梨華ちゃんに名前も覚えてもらっていないし、昔も今も、「ある意味トップヲタ」という域を抜け出ていません。「ある意味最強」とも言われたことがあります。ある意味って何だよ! どんな意味だよ! 何となくわかるけど…。今はまだまだ及ばないですが、そのうち、ヒッシー会長より立派なすごい梨華ちゃんヲタになれればいいな、と思っています。

 ところで、インタビュー記事がサイトに掲載された後の反応で、ひとつ気になったことがあります。記事の中で、僕は梨華ちゃんをまるで熟女であるかのように話しているのに、それについて誰も異を唱えなかったことです。「こら! 梨華ちゃんは熟女じゃないぞ!」って怒られるかと思ってた。梨華ちゃんが今後、やばいくらい魅力的な熟女になるのは間違いないけれど、今はまだ全く熟女じゃないよ。生で間近に見ると、なおさら若くキラキラして見えるんだよ。10年前とぜんぜん変わらないくらい綺麗なんだ。というか、梨華ちゃんは今がいちばん可愛くて美しいと言っても過言ではないです。また写真集、出してほしいなあ。今の梨華ちゃんの水着姿が見たくてたまらないんだ僕は。綺麗でかわいくて、色っぽいんだろうなあ。想像するだけで心臓が跳ねまわり、口から飛び出しそうです。うおー! 梨華ちゃん大好き!

 インタビューが終わると、僕は紳士的に「駅までの行き方わかりますか? 送って行きますよ」と言い、担当者のSさんを最寄りの駅まで歩いて送りました。気をきかせてコーラを飲ませたり、最寄り駅までの送り迎えをしたことで、梨華ちゃんヲタがいかに紳士であるかということをアピールできたと思います。今後も、この調子で、梨華ちゃんヲタのイメージアップに貢献して行ければいいな、と考えています。(イメージダウンの原因になってしまうこともあるかもしれませんが、その時はすみません)