美人女医さん

 5月9日に、美人女医さんの個別診察会に行ってきました。汗止め薬は飲まなかったので、待合室にいるときにじんわりと汗をかきました。飲まなかった理由は、最近精液に血が混じるのは、この汗止め薬が原因かもしれないと思ったからです。インターネットで調べたところ、前立腺に悪影響を及ぼすらしい。精液に血が混じっている状態ではセックスができないので、しばらくは汗止め薬を飲まないようにするつもりです。

 診察室に入り、美人女医さんと対面しました。相変わらず美人です。大島優子に似ています。薬は減ったが問題はない旨を告げると、素敵な笑顔を見せてくれました。「最近親しくしている女性がいるんです」と話したところ、さらに素敵な笑顔を見せてくれました。まったく嫉妬はしていないようだったので、少し寂しい気持ちになりました。「以前は現実の女性と付き合うなんて考えられない状態だったじゃないですか。すごい進歩ですね」と褒められました。多汗症について相談しようかとも思っていたけど、精神科では対症療法しかできず、完治することはないから、相談はしませんでした。多汗症とは、薬に頼ることなく、なんとか上手く付き合っていくしかないな、と思っています。