鬼滅の刃にハマりました

 『鬼滅の刃』が流行っているけど、漫画もアニメも見てなかったので、Amazonのプライムビデオに登録して見てみました。そしたら第1話からヤバいくらい面白かったです。絵がきれい、話がシンプル、独特の世界観が魅力的だと感じ、こりゃあ流行るわ!と思いました。全26話を、まったく退屈することなく見ることができた。こんなに面白いアニメはエヴァ以来だなと思った。主人公の炭治郎たちが鬼と戦うシーンがすごく格好よくてワクワクするし、つねに一撃死の危険にさらされているのでドキドキします。生身の人間が鬼と戦うのが良いのだから、炭治郎にはずっと生身の人間のままでいてほしいなと思います。

 炭治郎は努力・友情・勝利を地で行ってるようなキャラクターで、一周回ってとても好感を抱きました。今まで、ひねくれたり奇をてらったりするのが格好いいと思っていたけど、本当に格好いいのは炭治郎みたいな奴なのだ。アイドルも同じだ。奇をてらったりするアイドルがちやほやされるご時世だけど、本当に魅力的なのは正統派アイドルなのだ。そう思いました。僕は来月で40歳になります。40歳にもなってひねくれたり奇をてらったりしてるのは痛々しすぎるので、これからは炭治郎みたいな真っすぐな人間を目指そうと思います。

 アニメを見終わった後、漫画のほうを読みたくなって近所の本屋を回ったものの、1冊も置いてありませんでした。Amazonで買おうとしたら1~19巻セットが本来9200円くらいのところ、14300円だったから深く悩んだけど、「高血圧で近いうちに死ぬかもしれないし」と思い、その高値で購入してしまいました。漫画でも緊迫したシーンが続き、動悸が起こるのでなかなか読み進めることができません。

f:id:fuchirin:20200318185156j:plain