血液検査の結果に落ち込みました

f:id:fuchirin:20201027210008j:plain

 今日は、近所のクリニックに行って、先月受けた血液検査の結果を知らされました。血圧は降圧剤を飲んでいることもあって、128の76と問題ありませんでした。しかし血液検査の結果はあまり良いものではなかった。この9か月くらい、ひたすら健康の回復に努めてきた(食事制限・1日30分のウォーキング・禁酒または節酒)ので、かなり落ち込みました。

 具体的なことを言えば、腎臓の状態を示すクレアチニンが1.22とかなり高かった。尿酸値は基準値を超える8.1だった。中性脂肪は158でした。でも尿酸値は9か月前は9.6だったし、中性脂肪は190だったので、確実に改善されてはいます。とは言え、クレアチニンは1.22のままだったし、尿酸値も中性脂肪も基準値を超えているため、やはり落ち込みます。尿酸値に関しては、医師に「いつ痛風の症状が出てもおかしくないよ」と言われて震え上がりました。クレアチニンは数値が上がると人工透析を受けるはめになるらしいことを、グーグル先生が教えてくれました。人工透析痛風で苦しみたくない。それは絶対にいやだ。そう思った僕は、これからも食事制限・ウォーキング・節酒を続けて行こうと固く心に誓いました。

 医師に「お酒って飲んでも大丈夫ですかね?」と恐る恐る訊いてみたら、「飲むなとは言わないけど、控えなければいけないね。飲むなら焼酎とかウイスキーの方がいいね」と言われました。「ビールはだめですかね?」と尋ねると、医師は笑みを浮かべながら「ビールが好きなの? ビールは良くないね。そのせいでこの数値になってるのかもしれないね」と答えました。最近、ビールによる適量飲酒を標榜していた僕は、しょんぼりしてしまいました。ビール3杯ではなく、ビール1杯とハイボール2杯とかにした方がいいのかもしれません。

 僕がなぜこんなに健康を欲しているかというと、健康でなければ楽しいことも楽しいと感じることができないからです。それでは生きている意味がない。今年の初めごろ、体調がすこぶる悪かった時期、大宮アイドールのライブを見ていても、まったく楽しくありませんでした。というのは、高血圧にともなう動悸や不整脈に苦しめられていたからです。健康の大切さを痛いほど感じた僕は、それまでの暴飲暴食をやめて、食事制限・ウォーキング・禁酒を始めました。そして少しずつ健康を取り戻してきて、今に至ります。今は大宮アイドールのライブを見ていても動悸や不整脈が起こらないので、とても楽しいです。

 あと、最近どうしてブログを頻繁に更新しているかと言うと、暇なのもあるけど、「ツイッターに書く文章はあっという間にインターネットの大海に呑み込まれてしまい、誰の目にも留まらなくなる。それはもったいない」と思ったからです。何かがあったら、とりあえずツイッターに下書き的に書きなぐって、ブログで丁寧に書き直す、ということをやって行きたいと考えています。自分の文章を読み返したくなった時に検索しやすいし、僕のクソみたいな文章でも、いつか誰かの役に立つかもしれません。