ワクチンの予約競争に敗れました

 ツイッターを見ていたら、さいたま市で再びワクチンの予約ができることを知りました。予約受付は30分後くらいからのようです。そこで僕は、時間が来たらすぐに予約できるように待機し、時が来るとすぐにホームページを開いたのだけれど、なんとログインパスワードを完全に忘れていました。そのためパスワードを再設定するはめになり、ワクチン予約競争に出遅れてしまいました。

 十数分かかってパスワードを再設定してログインし、個別接種会場の予約ページを開いたときには、10月後半から11月頭にかけての枠しか空いていませんでした。しかもその枠すら、ページを更新するたびにどんどん埋まっていきます。僕は自宅からわりに近いクリニックの11月頭の枠を、なんとか予約することに成功しました。その旨をツイッターに投稿したところ、「集団接種会場なら空いていたのでは?」という意見が届き、「あ、そうか。すごく慌てていて、個別接種会場しか頭の中になかった」となったけど、「でももう予約しちゃったからまあいいや」と思いました。僕は一回コロナに感染した可能性があり、抗体ができているかもしれないから、そんなにワクチンに執着していないのです。

 コロナが流行り始めたころ、原因不明の体調不良に襲われ、ひどく苦しみました。熱はなかったし味覚も嗅覚もあったけれど、倦怠感が半端じゃなかったです。あれはコロナのせいだったんじゃないかと疑っています。そんなわけで、僕は11月の頭に1回目のワクチン接種を受けることとなりました。

 ワクチンと言えば、世の中には反ワクチンの人もわりといるので、世間話でワクチンの話題を出すのはやめたほうがいいかもしれないなと思っています。こないだ魔女っ子バーに行って、隣の席の常連さんにワクチンの話をしたら、「俺はワクチン打たないよ」と言うから焦りました。しばらく気まずい空気が流れました。「ワクチンの話は、政治や宗教や野球の話と同じくらいタブーなのかもしれないな、今後は気を付けよう」と思いました。

f:id:fuchirin:20210915172615j:plain

 コロナと言えば、ラーメンYouTuberのSUSURUさんが先日コロナにかかりましたね。一時は味覚と嗅覚が失われたものの、徐々に戻ってきて、今ではもうラーメンの食レポができるくらいに回復したようです。よかった。SUSURUさんが療養しているあいだも、僕は毎日SUSURUさんがラーメンをすする動画を見続けていました。そしたらだんだん「僕もラーメンが食べたい。食レポもしたい」という気持ちが大きくなってきて、ついにnoteでラーメンの食レポデビューをしてしまいました。noteでの方向性が定まりません。迷子です。有料記事を書く元気もないし、無料記事ばかり書いています。投げ銭はほとんどもらえません。スキ(はてなスターみたいなもの)の数も、記事をアップすればするほど少なくなってきています。でもまあ今のところはこれでいいかな。続けることがいちばん大事だと思うから。そのうち社労士として登録して(試験に合格はしています)、年金・労働相談マガジンを有料でやりたいと考えています。

 なので登録費用と資格維持費を確保するために貯金しようとしているんだけど、ついガールズバーに行って散財してしまってなかなか貯まりません。女の子がツイッターで「お席しか!」とか呟いていると、つい「行ってあげなくては!」という気持ちになっちゃうんですよね。僕はダメな奴だなあ。さいきん酒の飲み過ぎで健康状態も悪化してきたし、まじでガールズバーは自重していきたいです。そしてお金を貯めたい。そのお金は、社労士の開業費用に使おうと思います。決してガールズバー代には使いません。決して。

note.com
note.com

ワクワクチンチン状態への道のりは険しい

f:id:fuchirin:20210825171611j:plain

 僕はさいたま市の住民なんですけど、8月24日からやっと、41歳の僕もコロナワクチンの予約ができるようになりました。しかしながら、ログインして予約しようとしたところ、どこも10月中旬以降しか空きがありませんでした。「それはさすがに遅すぎるだろー。困っちゃったなー」と思い、とりあえず予約は保留にしました。そのうち予約の場所や枠が増えるかもしれないからです。

 ツイッターを見ていると、多くの人が2回目の接種を終えて「ワクワクチンチン!」と言っており、「ワクワクチンチン」という発言の是非が話題になっていました。僕もその話題に乗った人間の一人だけれど、もはや「ワクワクチンチン」どころの騒ぎではありません。僕自身がその「ワクワクチンチン状態」になれないからです、11月ぐらいにならないと。11月まで蟄居生活を続けるのはさすがにしんどいです。ガールズバーとかに遊びに行ってしまうかもしれない。

 先日、夕方にテレビニュースを見て、医療機関の病床が逼迫している深刻な現状を知り、「無ワクチン状態で遊びまわっていてはいけない、蟄居しよう!」と強く思ったばかりだけれど、ガールズバーとかに遊びに行ってしまうかもしれない。

 上記の決意をツイッターで表明したところ、フォロワーさんに「ファッション蟄居ですか?」という手厳しいことを言われ、僕は「まじで蟄居します」と力強く答えたのだけれど、ガールズバーとかに遊びに行ってしまうかもしれない。

 正直な話、11月まで蟄居しつづける自信が僕にはありません。じっさい、以前ツイッターで「蟄居します!」と言っておきながら、こないだ都内のライブハウスにアイドルを見に行ってしまいました。そのあとにはガールズバーにも行ってしまいました。あまり褒められた行動ではなかったと思います。ただ、それはそれとして、久しぶりに見るアイドルのライブはめちゃくちゃ楽しかったです。noteに前後編に分けて記事を書いたので、もしお時間がありましたらお読みください。

note.com
note.com

けれど石油王など現れない

f:id:fuchirin:20210719170120j:plain

 今日ツイッターを開いたら、ものすごい頻度で藤本タツキ先生の『ルックバック』を絶賛するツイートが流れてきたので、ひねくれ者の僕は逆に読みたくなくなってしまいました。『チェンソーマン』もそれほどハマらなかったから、そんなに急いで読まなくてもいいかなと思っています。今はとりあえず、全巻そろえた『スラムダンク』を読むことに集中したいと思います。『進撃の巨人』も途中だし、『鬼滅の刃』もじっくり読み直したいですね。

 ところで、大宮アイドールの候補生として入った桜羽あいちゃん、せっかく推し始めたのにどうやら辞めてしまったみたいです。運営からの発表はないけど、ツイッターは動かないし、他のコンカフェで桜羽あいちゃんらしきアカウントを発見したので、たぶん辞めたんだと思います。めちゃくちゃ可愛いしやる気もありそうだったから期待していたので、とても残念です。だから最近はあまり大宮アイドールの店舗には行ってないですね。アイドールのメンバーの中で結婚したいと思うのは「さきっちょ」こと若菜さきちゃんだけど、彼女を推しメンにまでしたら、僕はさきっちょにとって重すぎるヲタクになってしまいそうなので、推しメンにまでするのは正直ためらいますね。「推しメンは別の子だけれど、嫁にするならさきっちょ」というあたりが適切な距離感だと僕は考えています。桜羽あいちゃんが(おそらく)辞めてしまったため推しメンはいないけど、大宮アイドール自体はこれからもずっと応援していくつもりなので、たまには店舗などに顔を出そうとは思っています。

 あとこれはnoteにも書いたけど、いま僕は貯金がしたいです、とても。けれどもコンカフェやガールズバーに行きすぎており、なかなか貯金が増えないどころか、むしろ少しずつ減って行っています。なぜ貯金したいかというと、社労士として登録したいからです。そしてnoteで年金相談マガジンを始めて、お金を稼ぎたいからです。そのお金でタワマンには住めなくていい。健康で文化的な最低限度の生活が送れればいい。そう考えています。社労士として活動するには社労士会に登録する必要があり、初期費用が20万円くらいかかります。維持費も年間けっこうかかります。だから少なくとも120万円は貯めたいんですよね。僕は今のところかなり遠い地点に立っています。コンカフェやガールズバーに行きすぎているからです。女の子に会いに行きすぎるのをやめるべきだ。それは分かっちゃいるけどやめられません。僕はお金を払わないと女の子と会話できない人間だし、女の子と会わない生活は彩りがなさすぎて生きてる意味を感じられないからです。とはいえこのままでは人生が詰みそうなので、社労士になって年金相談noteで確かな定期収入を得たいです。がんばって女の子を我慢して貯金します。応援のほど、よろしくお願いいたします。石油王からの投げ銭も、いつでもお待ちしております。

note.com

公園飲み、メイドカフェ、大宮アイドール

 5月30日の日曜日、天気が良かったので、日課のウォーキングを兼ねて自宅から大宮ソニックシティ前公園まで歩きました。その公園内では酒を飲んではいけないことになっているんだけど、麒麟淡麗グリーンラベルを飲みました。以前は普通の麒麟淡麗を飲んでいましたが、最近は健康に気を遣ってグリーンラベルを飲んでいます。糖質が70%カットされているのです。それにしても、さいたま市が管理している公園において、なぜ酒を飲んではいけないのか、それが分かりません。もし分かる人がいたら教えてください。さいたま市の条例で酒を飲むことが禁じられているのでしょうか。もしそうだとしたら、その条例は憲法13条の幸福追求権に反しており無効なのではないでしょうか。僕はそんなことを考えつつ、けっこうな後ろめたさを感じながら、グリーンラベルのロング缶を2本飲みました。

f:id:fuchirin:20210603123448j:plain

 ほろ酔い気分になった僕は、おなかがすいてきたので、メイドカフェハニーハニーに行こうと思い立ちました。お店につくと、満席だったために、入口の前で待つことになりました。するとすぐに雨が降ってきて、それは大雨へと変わりました。「ハニハニに来た判断は正しかった。あのまま公園で飲み続けていたら酷い目に遭っていた」と思いましたが、待てど暮らせどメイドさんはお店の中に入れてくれません。「お客さんはすでに3人くらい店を出たのに、なぜ入れてくれないのだろう?」と若干いらいらしてしまいました。僕のうしろにはもう5人くらい並んでいます。結局1時間くらい待って、やっと入れました。一気に客を出して、一気に入れるという作戦だったようです。僕は大宮アイドールの予約時間(17時30分)がせまっていたため、急いでノンアルビールを飲み、温玉ぶっかけうどんをすすりました。

f:id:fuchirin:20210603123515j:plain

 そう言えば最近、ラーメンYouTuberのSUSURUさんが結婚してしまいましたね。僕はとても落ち込んでいます。SUSURUロス状態と言っても過言ではありません。結婚するまで彼の周りには女の影がまったくなかったから、ショックが大きいです。ガッキーが結婚しちゃったことよりもショックです。温玉ぶっかけうどんを切ない気持ちですすり終えた僕は、さっと手をあげてお会計をお願いしました。入店を待っているうちに止んだ雨が、またぞろ降り出しており、気持ちが沈みました。可愛らしいメイドさんに笑顔で見送られた僕は、店の外に出ると、屋根のある「すずらん通り」に行き、コンビニでまた酒を買いました。マンボウのせいで閉店している「金の蔵」の前で、グリーンラベルの350ml缶をぐいぐい飲みます。もう予約時間の17時30分を過ぎていたため、すぐに飲み干して、大宮アイドールへと向かいました。

 雨は降っていたけれど、傘を買うほどではなかったです。少し濡れながら入店し、メイド服姿のアイドルたちに温かく迎えられました。この日はメイドイベントの日だったのです。僕はカウンター席に座り、ノンアルビールを頼もうと思ったけど無かったため、ジンジャエールを注文しました。ジンジャエールをあっという間に飲み干すと、これから推しメンにしようかなと思っている、新人の桜羽あいちゃん(16歳)に「おしゃカフェドリンク」を注文しました。15分ほどのライブが終わったあと、あいちゃんは僕の目の前で「おしゃカフェドリンク」をつくり始めます。ものすごく甘そうなドリンクが出来上がりました。「あまりおしゃれとは言えないな…」と思ってしまい、すみません。でも実に可愛らしいドリンクだと思います。

f:id:fuchirin:20210603123701j:plain

 そのドリンクより可愛らしいのは桜羽あいちゃんで、見た目や雰囲気や所作がとても女の子らしく、見ていると胸がきゅんきゅんします。恋をしそうになっているのかもしれません。41歳のおじさんが、16歳の女の子に恋をしてもいいのでしょうか。いけないような気がします。自分の娘であってもおかしくない年齢ですから、自分の娘を愛するように愛するほうが適切なのではないでしょうか。そうは思っても、桜羽あいちゃんを見つめていると胸のときめきが止まりません。会話をしていても楽しいです。チェキも撮ってしまいました。

f:id:fuchirin:20210603123738j:plain

 あいちゃんは、マスクを外すとめちゃくちゃ可愛いです。こんな子が彼女だったら幸せだろうなと思います。そんな気持ちであいちゃんとのチェキを見つめていたら、「さきっちょ」こと若菜さきちゃんに「あいちゃんと撮ったんだね。そこは嫁のわたしと撮るべきなんじゃないの?」と圧をかけられました。僕は常日頃、「結婚するならさきっちょだな!」と言っているため、さきっちょは嫁としての圧をかけてきます。その圧を受けて、僕もまんざらでもありません。さらにさきっちょは、「ふちりんの嫁代表として、がんばるね!」的なことを言ったので、僕は苦笑いしながら「嫁代表て! 僕の嫁は何人もいないから!」と突っ込みました。はるぴが卒業するまで僕は、「推しメンははるぴだけど、結婚するならさきっちょだな!」と言っていました。けれどこれからは、「推しメンはあいちゃんだけど、結婚するならさきっちょだな!」と言うことになるかもしれません。

 とつぜん話は変わりますが、先日、元地下アイドルの姫乃たまさんの新著が電子書籍として発売されました。その読書感想文をnoteにアップしたので、もしよければご一読ください。

note.com

note村に本格的に移住しそうになっています

f:id:fuchirin:20210517152506j:plain

 ご存知の通り、僕はさいきん週に1回、note村に出稼ぎに行っており、はてなブログの更新は月に1回となっています。アイドルとコンカフェの話題は原則としてこちらに書こうと思っているんですけど、先日、コンカフェの話題をはてなブログで書くかnoteに投稿するか迷った結果、後者にしました。

 その理由は、はてなブログで書いても一銭にもならないけど、noteに投稿したら誰かが投げ銭してくれる可能性があるからです。もしかしたら石油王みたいな大金持ちがたわむれに1万円くらい投げてくれるかもしれません。そして実際に、1万円とはいかないものの、千円もの大金を投げてくださる神が現れました。とても嬉しかったです。ありがとうございました。大切に使いたいと思います。

 そして僕の気持ちは、さらにはてな村からnote村へと傾きました。今後の僕は、金に目がくらんで、はてなブログからnoteに誘導するためだけにこのブログを更新していくかもしれません。もしそうなってしまったらすみません。というかもうすでに、そうなりつつありますよね。すみません。でもnoteに週1でかなり気合いを入れて記事を書いているので、こちらに書くべきことがほとんどないんですよね。どうしようかな。アイドルやコンカフェに関するたわいない話は、今後もこちらに書いていこうかな。たわいある話は、noteに書くことにします。先日のアフィリア・ブルジュールのルチアちゃん卒業の話はかなり重要な回だったので、noteに投稿することにしてしまいました。重ね重ね申し訳ありませんでした。

 みなさんの中には、はてなブログが好きで、noteはあまり好きじゃない人もいるかもしれません。確かにnoteには怪しげな情報商材を売ろうとしている気持ち悪い人たちがたくさんいます。しかし、真面目に文章と向き合っている人たちも多数いますし、何より気軽に文章を販売したりすることができます。中には、note長者となって、タワマンに住んでいる人もいるとかいないとか。とても夢のある場所です。僕はnoteでがんばって、健康で文化的な最低限度の生活を送れるだけの収入を得られたらいいなと思っています。お金は喉から手が出るほど欲しいけど、タワマンにはべつに住みたくありません。そこまで稼げなくても全然いい。

 みなさんもぜひ、note村に出稼ぎに行ってみてはいかがでしょうか。てなことを言ってると、僕も怪しげな情報商材を売ろうとしている人みたいな感じになってくるなあ。ぜんぜんそういう人間じゃないですよ僕は。めっちゃ真面目に記事を書いているだけですから。ちなみに先日書いた、たわいあるコンカフェに関する記事は、下に貼ったものです。無料記事なので、もしよければぜひお読みください。

note.com