中島さんが僕のYouTubeに出演してくれました

 先日、僕の誕生日(4月10日)にたまたま、工藤遥ヲタの中島さんから連絡があって、中島さんときっく~と僕との3人で「ガールズアニソンバーもふる」に行き、酒を飲みました。そのあと、大宮駅から僕の家まで歩いて帰り、3人でまた酒を飲みました。そろそろ3人ともベロンベロンに酔ったかな、というところで、僕はおもむろにデジカメをセットして動画を撮りはじめました。

www.youtube.com

 そしてガチ恋おじさん3人(元ガチ恋おじさんだったり、現役ガチ恋おじさんだったりする)でアイドルについて語り合いました。語り合ったというか、中島さんにカメラが向けられていたため、主に中島さんが話していました。編集して出来上がった動画を見てみたら、まるで中島さんの情熱大陸みたいになっていたので笑いました。編集しているとき、個人名が出ているところや明らかにヤバい単語はカットしたけれど、その他の部分は殆どカットしていません。中島さんの話はどこをとっても実に興味深く、面白かったからです。声も聞き取りやすくて殆ど字幕がいらないし、正直なところ僕よりもYouTuberに向いていると思います。

 中島さんはアイドルへのガチ恋について語り、ガチ恋オタクの人権のなさについて悲嘆し、大型のオナホールについて熱弁しました。中島さんが話していることの多くは、今のツイッターでは語られることの無いものです。ツイッターで語ったら怒られそうなことばかりです。この中島さん動画、YouTubeにアップして炎上したらどうしようと思ったけど、酔ったいきおいで殆どそのままアップロードしてしまいました。中島さんには「炎上するときは一緒ですよ!」と言ってあります。主に話しているのは中島さんだから、まず最初に炎上するのは中島さんだろうけれど、アップロードしたのは僕なので僕のことも一緒に燃やしてください。

 とは言え、炎上しそうな危険な話が多いのは確かだけれど、そのいずれもオタクにとって大切な話だと思います。アイドルオタクとしての根幹にかかわる話だと言っても過言ではありません。中島さんたちと会うといつもこんなシリアスな話を、酒を飲みながら笑顔でしています。とても楽しいです。また機会があれば、YouTube用の動画を撮りたいなあと思っています。みなさんも楽しみにしていてくださいね。「ふちりんのふみゅうなチャンネル」、今後ともよろしくお願いいたします。毎週金曜日の夜に、晩酌動画やベース弾いてみた動画をアップしていく予定です。

www.youtube.com

僕が梨華ちゃんのインスタグラムを見ることはないだろう

 先日、37歳のバースデーイベントがあったときに梨華ちゃんは言っていました。「私、インスタグラムを始めます。そこでは母としての顔を見せて行こうと思います」と。僕はそれを聞いて思いました。「梨華ちゃんの母としての顔は、あまり見たくないなあ。妻としての顔はなおさら見たくない。梨華ちゃんのインスタグラムをフォローするのはやめておこう」と。

 バースデーイベントが終わったあと、僕は梨華ちゃんのインスタをフォローしなかったし、それから3か月くらい経った今でもフォローしていません。ちらりと見たことすらありません。一般的には、好きな人が結婚してしまったあと、その人の幸せそうな日常を見ていたいと思う人はほとんどいないと思います。僕は、梨華ちゃんの幸せを願いはすれども、配偶者や子供たちとの幸せそうな日常を見たいとは思いません。僕の知らないところで幸せになっていてほしいです。

 「そんなの知らんがな!」って感じかもしれないけど、だから僕は梨華ちゃんのインスタを今もこれからも見ません。「そんなの知らんがな!」って内容を書くのがインターネット日記だと思うので書きました。僕はこれから、アイドルとしての梨華ちゃんだけを見つめていきます。もう僕は梨華ちゃんと結婚したいわけじゃないんだし、それでいいはずだと思います。一人のアイドルと一人のオタクとして、やっていきたいです。しかし同時に、「ワンチャンあれば飲み友だちになりたい」と思ってしまってる自分もいます。「ふちりんって奴は、えらく都合のいい人間だな!」と思います。でもまあ、僕は聖人でもなんでもない、欠陥の多いただの人間だから、多少はね? そういうところもね? ありますよ。

www.youtube.com

 ところで、話は変わりますが、元Juice=Juiceの高木紗友希さんがYouTuberになったらしく、最新の動画を見てみました。まず、サムネイルからしてガンガンに攻めていたのでびっくりしました。「ちん子」て! 内容も含めて、僕なんかよりぜんぜん攻めてる。「高木さんのファンの人たち大丈夫?」と心配になります。「おじさんだって女の子なんだよ?」とか言ってる僕のほうがアイドル感あると言っても過言ではありません。高木さん、いろいろ大変そうだけど、同じ新人YouTuberとして共にがんばっていきたいです。これを読んでいるあなた! もしよかったら、僕のYouTubeもチャンネル登録してもらえると嬉しいです。こないだ、梨華ちゃんのバースデーグッズが届いたので、開封動画を撮ってみました。梨華ちゃんのグッズを目の前にした僕の恥ずかしい姿がばっちり収められています。

www.youtube.com

ポリティカル・コレクトネスの中で生きるガチ恋オタクの悲しみについて

 梨華ちゃんのバースデーグッズを通販で1月末に注文して、首を長くして待っているけど、いまだに届いていません。まだかなあ。どんなに遅くても4月中には届くと思いますけれど。届いたらYouTube開封動画をアップする予定なので、楽しみにお待ちください。とりあえずチャンネル登録しておいてもらえると嬉しいです。ふだんは主に晩酌動画をアップしています。最初はやる気に満ちていて頻繁に投稿していたけど、最近はちょっと疲れてきたので、週に1回くらい投稿しています。無理せず長く続けていけたらいいなと思っています。

www.youtube.com

 そういえば先日、鈴木愛理さんとサッカー日本代表の田中碧選手の熱愛が報道されていましたね。令和の今となっては、「裏切られた!」なんて言ってCDを割るようなオタクは全くと言っていいほど存在しないと思います。それなのになぜか、一部の善良なオタクは「裏切られた!」と叫ぶオタクを叩きがちです。自分がアイドルの味方ぶりたいがために、「裏切られた!」と叫ぶオタクを創出するのは、あまり良くないことだと思います。虚構によってガチ恋オタクのイメージをことさら悪くするのはいかがなものか。人びとのポリティカル・コレクトネスの意識が高まっている現在、推しメンの恋愛は当然に祝福するべきこととされ、恋愛を非難することはもちろん、それによって落ち込むことすら許されなくなってきています。「推しメンの恋愛で落ち込むな! 祝え!」と言わんばかりのツイートが多く見受けられます。恋愛を非難することはいけないけれど、落ち込むことくらいは別にいいんじゃないの、と個人的には思います。自分の中だけで完結しているわけだから。「落ち込むな! 祝え!」と他人の心の中に土足で踏み込んでいくことの方が暴力的だと僕は感じます。「推しメンの恋愛は当然に祝福するべき」という空気が濃いなかでは、ガチ恋オタクの肩身はとても狭いです。落ち込んでいる様子を他人に見せることすらできずに枕を濡らしているオタクも多いことでしょう。僕はどうしても、日の当たらない彼らの悲しみを想ってしまいます。彼らの悲しみがいつか薄れて、何年後でもいいから、推しメンに心から「おめでとう」と言える日が来るといいなと思います。

 ガチ恋と言えば、僕が以前メイドさんガチ恋したときに書いていた日記をリライトしたものを、noteにアップしました。有料ですが、もしかつての僕のガチ恋が気になる方がおられましたら、ご購読ください。全6回で、それぞれ2万字以上あります。梨華ちゃんへのガチ恋とはまた違うガチ恋の形が、そこにはあります。

note.com
note.com
note.com
note.com
note.com
note.com

1/23 石川梨華バースデーイベント2022~久しぶりっ~

f:id:fuchirin:20220224103456j:plain

 1月23日の日曜日に、梨華ちゃんの37歳のバースデーイベントに参加しました。いつもは、このはてなブログにレポートを書いていたけど、今回はnoteのほうにレポートを書きました。なぜか? 端的に言うと、お金がほしいからです。はてなブログに書いてもお金をもらえることはないが、noteに書けば投げ銭という形でお金をもらえる可能性があります。じっさい、バースデーイベントのレポをnoteに上げたところ、少しだけど投げ銭してもらえました。あっちだと文章も書きやすいし、ルビも振ることができます。良いことばかりです。はてなブログも好きだけれど、好きだけではやっていけないですよ。…すみません、アラサーの恋愛観みたいなことを言ってしまいました。そんなわけで、梨華ちゃんのバースデーイベントのレポートはnoteのほうに書いたので、もし気になった方がいましたら、そちらでお読みください。例によって会場に辿り着くまでが長いですが、会場に辿り着くまでもイベントです。そこまでの心の揺れ動きも大事です。むかしは辿り着くまでの描写で疲れちゃって書き終わらないこともたびたびあったけど、ちゃんと書ききってあります。僕も大人になったものです。
note.com
 それと、突然だけど自分、YouTuberになりました。なぜか? 端的に言うと、お金がほしいからです。でもそんなに大きな額のお金がほしいわけでは全くありません。月に10万円くらいあればいいです。それくらいだったら、がんばればnoteとYouTubeで稼げるような気もしないでもありません。僕の友人はnoteでヤバいくらい稼いでいるからなあ。上手くいくにせよいかないにせよ、とりあえず継続はしたいと思います。まず続けてみないと、何も始まらないですからね。がんばるぞー! もし僕のチャレンジを応援してくださる方がいたら、チャンネル登録よろしくお願いいたします。主に晩酌動画をアップしています。酒を飲みながらダラダラしゃべる動画です。

www.youtube.com
note.com

梨華ちゃんのバースデーイベントに当選しました

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。昨年は、目標としていた月1更新が達成できたのでよかったです。今年も月に1回は「ふっち君の日記。」を更新していくつもりです。もし気が向いたら月に1回は見に来てやってください。noteのほうは毎週水曜日に更新しています。そちらも読んで頂けたら嬉しいです。

note.com

 ところで、1月23日の梨華ちゃんのバースデーイベントに当選しました。2年間くらいただむなしくエムラインクラブに入っていた僕だけれど、やっと会員である意味が出てきました。コロナの関係で梨華ちゃんとの握手会とかはなさそうで、逆によかったです。気楽に参加できます。金銭的な余裕がないため、3公演あるうちの夜公演しか申し込みませんでしたが、運よく当たりました。外れた人もちらほらいるみたいですね。2次受付もなかったから、応募者が多かったようです。エムラインクラブ所属のメンバーが増えたことにともない、会員も増えているっぽいから、その人たちが結構応募したのかもしれないですね。梨華ちゃんヲタ自体はあんまり数が多くないはずなので。

f:id:fuchirin:20220110214920j:plain

 それにしても、梨華ちゃんのバースデーイベントの会場は渋谷DAIAであり、それはアイドールBRAVEの1stワンマンライブが行われた場所なんです。そのことを知ったときはちょっと笑っちゃいましたね。レジェンド級のアイドルである石川梨華ちゃんと同じ箱でライブをやったなんて、アイドールBRAVEすごすぎるなと思って。梨華ちゃんがより身近なアイドルになったということでもあるけれど。梨華ちゃんは未だにアイドルなのか? アイドルです、僕のなかでは。

 話は変わるけど、僕はこの「ふっち君の日記。」の昔の部分を、黒歴史でしかないと思っていました。でも今の自分にはない、とても純粋なところがあることに気付きました。それを気付かせてくれたのは、この日記の熱心な読者である魔女っ子のアリーちゃんです。アリーちゃんは昔の僕の「梨華ちゃんに一途なところ」をすごく評価して、「胸がきゅんきゅんする!」と言ってくれます。僕は「そんなの、ただ気持ち悪いだけでしょ」と否定していたんだけど、アリーちゃんがあまりに情熱的に褒めてくれるので、「昔の自分もただ気持ち悪いだけではなかったのかもしれないな…」と思うようになりました。

f:id:fuchirin:20220110220021j:plain

 そんなアリーちゃんが、こないだ魔女っ子バーで僕のことを「かわいい」と言ってくれて嬉しかったです。しかしながらつい、酔ったいきおいで余計なことを言ってしまいました。「メイドさんって、褒めるところのないお客さんにはとりあえず『かわいい』って言うよね」と。今は反省しています。僕はもう10年以上もコンカフェに通っているから、感性がねじくれているのかもしれません。昔の僕の純粋さをもっと見習う必要があるみたいです。黒歴史としてすべて切り捨ててしまうのではなく。そのことに気付かせてくれたアリーちゃんには、感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございました。これからもよろしくね。