ねえ君の母性本能に期待していいかな。

 今日はリカニーなんてする気にならない。せつなくてかなしくて、オナニーどころじゃない。とても気持ちが沈んでいる。ちんこも沈んでいる。これはきっと昨日の失恋のせい。


 梨華ちゃん・・・。だきしめたい・・・。あるいはだきしめてほしい・・・。ねえ君の母性本能に期待していいかな。おっぱいに顔をうずめちゃってもいいかな。梨華ちゃんのピンク色のブラジャーが透けて見えてしまうくらいに僕の涙でその胸を濡らしてしまってもいいかな。おっぱい、梨華ちゃんのおっぱいってどれくらいのやわらかさがあるんだろう。お母さんのおっぱいを子供のときに揉んでみたことがあるけど、まだ僕はあの時の感触をありありと覚えているんだけれど、あれと同じくらいやわらかいのかな。お母さんのおっぱいは思ったよりも弾力がなくてふにゃふにゃしていた。梨華ちゃんは20歳で若いからもっと押したら押し返されてしまうくらいの弾力があるのかな。あるんだろうな。上向き乳首だし。写真集を見るかぎり、梨華ちゃんのはとってもすてきな上向き乳首。はあ・・・もみたい・・・。そしてなめたい。もみながら、なめたい・・・。くわえたい・・・。そしてくわえてほしい。あ、いい、気持ちよくなってきたよ、えも言われないよ、あ、にじみ出てきた、へんなものが。いかがわしいものが。そう、あ、梨華ちゃん、好きだよ・・・。梨華ちゃんかわいいな、きれいだな、どれだけ長い間見ていても飽きがこないよ。梨華ちゃんのいろんなところを鼻がぶつかるほど近くで朝から晩まで見続けてしまって、その結果として視力が低下してしまいそうなほどだよ。ああ、つやつやしてきれいなくちびるだね・・・。キスしたいな、してもいいかな? 舌は入れないから、軽く、1ミリだけ君のくちびるをへこませるくらいの、キスをするよ、だめ、僕は入れないっていってるんだ、あ、そんな、入れないで! なんでそっちから入れてくるんだ、淫乱だ、梨華ちゃんはいつからそんなに淫乱になった? あ、でもなにこの感じ、すごいぬるぬるする! 舌と舌でふれあうのって、こんなに気持ちがいいことなの・・・? 頭が真っ白になるよ・・・。ああ、すごい、僕の口の中のありとあらゆる部分をなめつくさんばかりのいきおいだね・・・。あん、ウソ、そんなにも深く? 親知らずまで梨華ちゃんの舌が届いてくる・・・。そんなに深くていやらしいキスを梨華ちゃん、君はいったいどこで覚えて・・・あ、でも、いい、正直気持ちいい・・・。セックスってなんであんなにいやらしいんだろう? 上でつながっただけじゃ飽き足らず下でもつながるなんて。だめ、梨華ちゃんのそんな姿想像したくない・・・。でも想像しちゃう・・・。ああ、梨華ちゃん・・・あ・・・梨華ちゃん・・・好き・・・好き・・・。り、りか、梨華ちゃん梨華ちゃん! 梨華ちゃん! 梨華ちゃん! 梨華ちゃん・・・。梨華ちゃん! 梨華ちゃん・・・梨華ちゃああああああああああん!!! 梨華・・・ちゃん・・・。


 はあ・・・、梨華ちゃん、ごめんね・・・。
 でも気持ちよかった・・・。
 好きだよ、梨華ちゃん・・・。