楽しいスーサイド


父親が、「おい、なんか暗いなお前。なにか悩みでもあるのか。あるんだろう? 将来についての悩みとかそういうのが。言ってみろ。なんでも聞いてやるから」
あるけど、まさか梨華ちゃんが好きすぎて鬱とか、そんなことは言えない。ねえ僕はこの恥ずかしい悩みを、いったいどうすればいいんですか。いったい誰に相談したらいいんですか。大学の相談室にいる経歴不詳の世話焼きおばさんにですか。「あのね、あなたね、いつか身近にいい人が現れるから、それまでの辛抱だから、生きるのよ。きっといいことある記念の瞬間」とか、そんなんだろ。なめんな。死ねよ。気休めはやめろって言ってんだろ糞が。


今、はっきり言ってものすごくスーサイドしたい。ワルサーP38が目の前にあればこめかみに銃口をあてて頭を撃ち抜くと思う。『若きウェルテルの悩み』のウェルテルのように。若きウェルテルの悩みは、真剣に泣ける。以前読んだ時、ボロ泣きした。最後、頭打ちぬくけど即死しないところがなんとも切ない。死なせてやれよ、楽に。と思った。死ぬ時までも苦しむのかよ、たまんねえな。