ただ、死んでいないだけ

今日は行政書士の勉強をお休みして、小説を書いてみた。
ストーリーも何も考えず、登場人物すら考えずに書き始めたら、
支離滅裂になった。辻ちゃんが合わなさ過ぎる。あ、間違った。
辻褄が合わなさすぎる。なんだこれ。
最近、村上春樹を読んでいるから、文体がそのまま村上春樹になった。
なんだこれ。10枚くらい書いたら、もう書くことがなくなった。
なんだこれ。もうダメだ。
まあ、いいんだけどさ。趣味で書いてるだけだし。


梨華ちゃんの写真をずっと見ていたい。
朝から晩まで、梨華ちゃんの写真を見ていたい。
飯も食わず、酒も飲まず、風呂にも入らず、トイレにも行かず。
やつれて、干からびて、腐臭を発しながら、クソにまみれながら。
梨華ちゃんの隙のない完璧に完成された美しい顔と、
その肢体だけを眺めていれば、それだけで充分じゃないのか。
他の何もしたくないんだ。
めんどうくさいんだよ、他のことをするのは。


生きるということの必要性を全く感じられない。
僕はただ、死ぬことができないだけ。
僕は今、生きているというよりは、
ただ死んでいないだけといったほうが、近い。


1万円が地面から湧き出てこないだろうか。
どうして湧き出てこないんだろう。
たまには、1万円くらい湧き出てきてもよさそうなものだ。
今、1万円湧き出てきたら、66.666666666666666枚の梨華ちゃんの写真を買おう。
そしてそれを、1枚あたり、21分かけて鑑賞しよう。
そのペースで66.66666666666枚見れば、1日が経過する。
そしてそれを、365日繰り返す。そうすれば1年が経過する。
さらにそれをあと50年くらい繰り返す。
そうすれば、僕は死ぬ。間違いなく死ぬ。消えてなくなる。
僕みたいなウンコバエはそうやってみじめに死ねばいい。
誰の前にも姿を現すな。


今日の回数
「俺、もうあかんわ」とつぶやいた回数 276回
「だるい、まじでだるい」と呟いた回数 192回
梨華ちゃん」と呟いた回数 832回
梨華ちゃんのあられもない姿を想像した回数 1087回
梨華ちゃんが誰かに股を開いてるのを想像した回数 1659回
梨華ちゃんが誰かと裸で抱き合って、くんずほぐれつ、
情熱的に、瞳を潤ませながら、卑猥な声をあげながら、
交わりあってるのを想像した回数 2876回
僕の存在価値 逆の意味でプライスレス