ラーメン


 池袋の二郎でラーメンを食べた。店員の、赤いフレームの眼鏡をかけた女の子が、大学1年のときに熱烈に好きだった同期の嶋村さん(仮名)に似ていた。というかうり二つ。「嶋村さんですよね?」って訊きそうになった。もしかしたら一卵性双生児かもしれない。二郎の嶋村さんはひとかけらも笑わなかった。笑えないのかもしれない。ヤサイ、ニンニク、スマイルマシマシって言ったらにっこり笑ってくれるのだろうか。笑えよクソッタレが。