梨華ちゃんは僕の目を見てくれない


クレナイの季節

クレナイの季節


 買った。オリコン集計店で買ったよ梨華ちゃん。ラジオでもTVでも聴いたことなかったから、今日が初潮だった。初聴だった。
 感想としては、この曲は、名曲だけど、大失敗だと思った。全然、これっぽっちも、感情がこもってないんだから。一言で言うと、セックスの歌だろこれ? 


「気づいていたのよ 最初は彼女が居たの その分いっぱい燃えちゃったのよ」
 彼女に負けないくらい、激しいセックスをしたってことだろ? でも、聴いていて、ひとつも気持ちが伝わってこないな。


「紅葉みたく ヒラヒラ舞うの」
 もみじみたいに、ビラビラが舞うってことだろ? しかし、ほとんどまったく、まんこ的、大陰唇的ニュアンスが伝わってこないね。


「くるおしいその声 くるおしい笑顔に全部 許してしまう私が居るわ」
 くるおしいイキ声、くるおしいイキ顔に、ってことだろ? 「あー梨華ちゃん、あーイク!」って言いながら超すごい笑顔なんだろ? しかしながら、何ですかこの、ただ歌詞をなぞるだけの棒読み的な歌声。聴いていて、ぜんぜん、セックスしてるシーンが浮かんでこないんだよ。


 なんでこんなに情感が伝わってこないかって言ったら、教えてあげようか。梨華ちゃんが処女だからだよ。セックスについて、なんにもわかってないんだよ。僕は声を大にして言いたい。処女にこんなエロい歌を歌わせるなと。名曲が台無しだろうが! ねえ、梨華ちゃん? ねえ、梨華ちゃん