ねじ切れる腸類


 この傷、そうとうに深いけど、16日に梨華ちゃんと握手するときまでに治るかな。その時、興奮しすぎて傷口が開いて血が噴出すかもしれない。もし梨華ちゃんの手を血まみれにしちゃったら、ごめんなさい。でも僕は梨華ちゃんの前で血を噴出したいと思わないことはない。ねえ僕だって人間なんだよ。梨華ちゃんと立場は違うけれど、君と同じように、真っ赤な血を流すんだ。僕達は、つきつめれば、対等なんだよ。クソもすればオナニーもするし、馬鹿みたいな自尊心がある、雲をつかむような夢も見る。そうだよね。僕が梨華ちゃんのことをどうしようもなく好きになったって、何にもおかしいことはないよね。僕は高度資本主義なんてどうでもよくて、ただ梨華ちゃんのことが好きだよ。悶え悶えて、大腸やら小腸やらがねじ切れそうなくらいに。梨華ちゃん。僕はどうしたらいいのか、何もかもまったく、わからない。


 それでもとにかく、僕は勉強しなければならない。行書の試験まで10日を切った。畜生、負けてたまるか!