梨華ちゃん

 ふみゅう。りかりん。好きだよ。大チュキだよ。もっとこっちにおいで。もっともっと。やだ、それは近づきすぎだよ。もっと離れて。というのはウソだよ、離れちゃいやだ。やだやだやだ〜ん。ギュってしてあげるね、ぎゅううう。あ、いたい? ごめんね。りかりんごめんね。大好き。ねえ、チュウしてもいいかい。チュウしたいよ。チュッ。あ、チュウしちゃったよ。ごめんね。ごめんねごめんね。好きだよ。こんなに好きでごめんね。梨華ちゃん、ずっと好きだよ。ずっと仲良しでいようね。老人になってもイチャイチャしてようね。僕はきっと梨華ちゃんのシワを愛しいと思うだろう。梨華ちゃんも僕のシワを愛してくれる? え、ほんと? やさしい! 梨華ちゃんは優しいんだね。梨華ちゃんのこと、優しいから好きだよ。でも、優しくなくても好きでいるよ。ほんとだよ。どんな梨華ちゃんでも嫌いになんかならないもん。僕にはずっと梨華ちゃんだけだよ。他の女なんか全員大嫌い。僕が好きなのはこれからもずっと梨華ちゃんだけだよ。だから安心してね。チュ! あ、またチュウしちゃった。ごめんね。もう、バカ! 大好きだよ! バカって言っちゃってごめんね。バカだなんて思ってないけどなぜかバカって言っちゃった僕を許してほしいんだよ。梨華ちゃん大好き。むしろ僕のほうがバカだね。こんなに梨華ちゃんのことが好きなんだもの。梨華ちゃん、もっとこっちにおいで。もっともっと〜。もうこれ以上近づけないっていうくらい近くにおいで。ぎゅう〜。梨華ちゃん、好きだよ。すきすきすきすきすき。もう誰にもわたさないから。僕だけの梨華ちゃんだよ。ねえ、それでもいいの? 後悔はないの? ほんとに? 梨華ちゃん! うれしい! チュ! 好きだよ! きっと結婚しようね。大好き。僕にはずっと梨華ちゃんだけだよ。ずっとずっと一緒にいようね……。