ふっち君の日記。

石川梨華ちゃんにガチ恋しているおじさんの記録

ハロプロ30周年コンサートには幽霊として参加します

 [この記事はアフィリエイト広告を利用しています]

 9月10日に催されたハロプロ25周年コンサート、僕は行くことができませんでした。エムラインクラブ*1の先行予約でチケット(ファミリー席1枚)を申し込んだけれど、見事に落選したためです。僕はそれを梨華ちゃんからの、「無理してチケットを買うのではなく、滞納している国民年金保険料を納付してほしい」というメッセージだと思い、一般販売などで購入することはせずに、国民年金保険料の支払いに充てました。それもあって、国民年金保険料の滞納分は着実に減ってきています。このまま行けば来年の1月には完納となります。あと、もしチケットが当選し、購入していたとしても、コンサートには参加できなかっただろうと思います。体調不良により。9月10日あたりの僕には謎の頭痛と微熱があり、不整脈もかなり出ていたから。

 9月10日、自宅で安静にしながらX(旧Twitter)を見ていたら、タイムラインには25周年コンサートに参加した人びとの感動と喜びの声があふれていました。それを見ていたら何だか一人だけ取り残されたような気持ちになったけど、みんなの感動や喜びに水をさしたくなかったので、沈黙を守りました。「ハロプロ25周年コンサートは特別なものであり、これ以上の感動があるコンサートは今後ないだろう」という趣旨のポストを見たときは、「20年くらい梨華ちゃんヲタやってるのにその特別なコンサートに行けなかった僕って一体…」と深く落ち込みました。でも「それはその人がそう感じたというだけであって、普遍的な感じかたでは決してない。仮に僕が参加していたとしても、そう感じるとは限らない」と考えることで何とか立ち直り、25周年コンサートに行けなかったことを嘆いたり、参加した人たちを妬んだりするポストはしませんでした。

 僕は「25周年には行けなかったけど、30周年コンサートには参加するぞ!」と気持ちを切り替えました。30周年は切りが良いので、もっと豪華なコンサートになるに違いありません。それこそ、「ハロプロ30周年コンサートは特別なものであり、これ以上の感動があるコンサートは今後ないだろう」という気持ちになるかもしれません。でもひとつ問題があります。5年後も僕が生きているとは限らない、ということです。ここ最近の体調を鑑みるに、5年後も生きている自信はあまりありません。もし僕が死んだら、梨華ちゃんと結婚できなかったことで成仏はできないだろうと思うので、ハロプロ30周年コンサートには幽霊として参加します。


ガチ恋おじさんが石川梨華写真集『華恋』を解説してみた - YouTube

 先月の日記で「もう少しで再生回数1,000になるので視聴してください!」とお願いした動画が、ついに1,000再生を達成しました。見てくださってありがとうございます。みなさんのおかげです。めちゃめちゃ嬉しいです。これでXとかで「再生数1,000も行ってない動画」と嘲笑されることもなくなります。僕からしたら、再生数100行ってれば十分すごい動画なんですけどね。梨華ちゃんの写真集の解説動画は好評みたいなので、また別の写真集でやりたいと思っています。梨華ちゃんのもっとも瑞々しい水着姿が収められている2nd写真集にしようかなと考えているところです。解説とは名ばかりで、ただ梨華ちゃんの可愛さに悶えている動画になりそうだけど。

死ぬほど売れた梨華ちゃんの2nd写真集


【街ブラVlog】ガチ恋おじさんが久々に大宮アイドールカフェに行った日 - YouTube

 最近YouTubeでは、月に1回くらい動画を投稿しています。以前は週1でアップしていたけど、体調不良により月1回くらいが精一杯です。今月は、9月23日に新しい動画を投稿しました。大宮アイドールカフェに行った日のことをVlog風に表現した動画です。途中で月見バーガーを「うまい! うまい!」と言って食べたり、一人カラオケに行ってサンボマスターの『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』を熱唱したり、公園のイルミネーションを眺めたりもしています。わりと盛りだくさんの内容です。15分くらいの長さの動画だけど、編集には6時間くらいかかりました。それで再生数が少ないと非常に切ないので、みなさんぜひ見てみてください。チャンネル登録と高評価ボタンも押してもらえると嬉しいです。

 この動画のなかで紹介しているLapisの小川さくらちゃんのDVDAmazonで購入できます。たくさん売れれば第2弾が出るかもしれないので、もし気になったらお買い求めください。なぜかアダルト商品に分類されているけれど、18禁でも何でもない、いたって健全な作品です。水着姿のさくらちゃんが、ものすごい体勢で白いアイスキャンディーをなめているだけです。僕はDVDを見ながら、「え!? そんな体勢でアイス食べる人いる!?」と突っ込んでしまいました。

Lapisの小川さくらちゃんのサイン入りDVD

*1:ハロプロOGのファンクラブ