ハワイツアーに行きたい

 ハワイ行きたあああああああああああああああああああああい!
 ワイハ行きてえええええええええええええええええええええええ!
 モーニング娘。ハワイツアーに行きてええええええええんだよおおおおおおおおおおお!!!!!

 ……だって、ハワイに行けば、梨華ちゃん握手できるんだぜ? 梨華ちゃんといっしょに写真とれるんだぜ? 信じられるか? 少なくとも俺は、信じられないぜ? 信じたくないぜ? でも、マジな話らしいんだぜ? ごめん、俺、やっぱり行くわ。ワイハに。行っちゃう。行くしかない。マジで、行くしかない。まだ間に合う。まだ遅くはない。今すぐだ。俺は今すぐ、ハワイに行く準備を始める。パスポートなんか持ってないけど、そんなもんはいらん。気合でなんとかなる。梨華ちゃんへの誰にも負けぬ愛情で、そんなもんはどうとでもなる。そんな関門は、愛情一本でガンガン突破していく。

 金か。あとは金か。ああ! 金がない! 困った! そうだ、学生ローンだ。それしかない。それがあった。学生証さえ出せば、ポーンと、審査なしで、20万貸してくれる。すばらしきかな学生ローン。
 俺は、梨華ちゃん握手がしたいんだ。俺は、梨華ちゃんと写真が撮りたいんだ。俺は、梨華ちゃんが現実に存在して、ちゃんとそこにいて、生きて、息をしているということを確かめたいんだ。ああ、ハワイツアーに行く人が、心底うらやましい。とてつもなく羨ましい。妬ましくさえある。正直に言うと、恨めしくさえある。

 できれば、俺を旅行トランクに入れて、連れて行ってはくれまいか。俺は、人間じゃないから、大丈夫だ。俺は、まぎれもない廃人なんだ。人間を廃業したんだ。なにも問題は無いんだ。俺はただのモノなんだ。パスポートなんか、いらないんだ。だから、俺をその旅行トランクに入れてくれ!!!

 ああ、うらやましい。うらやましい。俺は今まで生きてきて、これほどまでに人を羨ましく思ったことはない。俺は、モーニング娘。ハワイツアーに行きたい。心の底から。