ワクワクチンチン状態への道のりは険しい

f:id:fuchirin:20210825171611j:plain

 僕はさいたま市の住民なんですけど、8月24日からやっと、41歳の僕もコロナワクチンの予約ができるようになりました。しかしながら、ログインして予約しようとしたところ、どこも10月中旬以降しか空きがありませんでした。「それはさすがに遅すぎるだろー。困っちゃったなー」と思い、とりあえず予約は保留にしました。そのうち予約の場所や枠が増えるかもしれないからです。

 ツイッターを見ていると、多くの人が2回目の接種を終えて「ワクワクチンチン!」と言っており、「ワクワクチンチン」という発言の是非が話題になっていました。僕もその話題に乗った人間の一人だけれど、もはや「ワクワクチンチン」どころの騒ぎではありません。僕自身がその「ワクワクチンチン状態」になれないからです、11月ぐらいにならないと。11月まで蟄居生活を続けるのはさすがにしんどいです。ガールズバーとかに遊びに行ってしまうかもしれない。

 先日、夕方にテレビニュースを見て、医療機関の病床が逼迫している深刻な現状を知り、「無ワクチン状態で遊びまわっていてはいけない、蟄居しよう!」と強く思ったばかりだけれど、ガールズバーとかに遊びに行ってしまうかもしれない。

 上記の決意をツイッターで表明したところ、フォロワーさんに「ファッション蟄居ですか?」という手厳しいことを言われ、僕は「まじで蟄居します」と力強く答えたのだけれど、ガールズバーとかに遊びに行ってしまうかもしれない。

 正直な話、11月まで蟄居しつづける自信が僕にはありません。じっさい、以前ツイッターで「蟄居します!」と言っておきながら、こないだ都内のライブハウスにアイドルを見に行ってしまいました。そのあとにはガールズバーにも行ってしまいました。あまり褒められた行動ではなかったと思います。ただ、それはそれとして、久しぶりに見るアイドルのライブはめちゃくちゃ楽しかったです。noteに前後編に分けて記事を書いたので、もしお時間がありましたらお読みください。

note.com
note.com