めんご


生まれてごめんなさい。リカニーしてごめんなさい。
最近、リカニーすることにすごく罪悪感を感じます。
梨華ちゃんはオナニーされるために歌手になったんじゃないのにね。
こないだ、ある梨華ちゃんヲタの日記を読んでいたら、
「俺はリカニーはしないよ。本当に好きな人ではしないんだ」
って書いてあって、ものすごい敗北感を感じました。
何? この理由のわかりづらい敗北感。
理由は不明なのに胸を痛いくらいしめつける敗北感はいったい何。


梨華ちゃんは果たしてリカニーされたいのかどうか、それが問題だ。
僕が梨華ちゃんだったらどうだろう?
されたいような気もするし、されたくないような気もする。
女の子の気持ちはわからないな。
梨華ちゃんの立場に立つとわかりづらいな。
僕だったらどうだろう? ふっちニーされたいかどうか。
それだったら、すぐに答えられる。
めっちゃされたい。僕は赤の他人に、ハァハァされたい。
「ふっち君、そう、もっと、あ! 入れて!」
とか言ってまんこをいじくってもらえたら嬉しい。
あるいは、
「ふっち君、いいおしりしてる、ああ、入れたい、入れるよ!」
とか言ってちんこをいじくってもらえたら嬉しい。


僕はふっちニーされることに喜びを覚えるけど、
だからといって梨華ちゃんもリカニーされることが嬉しいことにはならず、
それが難しいところなんだ。
梨華ちゃんに訊いてみたいな。
「ねえ、僕は梨華ちゃんが好きなんだけど、リカニーしていいかな?」
もし梨華ちゃんが、
「リカニーなんかされたくないの! 気持ち悪くてしょうがないの!
金輪際、わたしでオナニーしないで!」
って言ったら、僕はリカニーするのをやめるんだけど。
逆に「していいよ」って言われたら僕は心おきなくしちゃうけど、
しない人はそう言われてもやっぱりしないんだろうな。
いずれにしても僕は敗北感を感じることになりそうだ。


こんなことを考えていたら、ちんちん萎えた。
僕のチンパワーは全然みなぎらなくなったし、
全然ものごっつくなくなった。
カニーはしたけど、しょぼしょぼだよ。
事後に窓から飛び降りたくなったし。
梨華ちゃんごめんね。今日もしちゃった。
僕は、どうしたらいいのかな。