僕のときめきメモリアル


 ここのところオナニーをしてない。最後のオナニーがいつだったか思い出せないくらいしてない。たぶん4日くらいしてない。別に勃起不全になったとか、オナニーに飽きたとか、梨華ちゃんが好きじゃなくなったとか、そういうわけじゃない。タイミングの問題。したくなる時というのは一日に何度か突然に訪れるんだけど、そういう時に限って母親が家中を歩き回ってたりするんだ。非常に困る。いつ僕の部屋に入ってくるかわからない。僕の母親はノックはするけど、返事を聞かずに扉を開ける。
 僕はゆっくりオナニーをしたいんだ。梨華ちゃんに没頭したいんだ。めくるめくようなリカニー。めくるめきたいんだ。母親の足音にビクビクしながらオナニーはしたくない。


 じゃあ風呂ですればいいじゃんって君は言うかもしれないけど、あんまり風呂ではしたくない。やっぱり梨華ちゃんの写真を見ながらしたいし、それに排水口が大変なことになる。つまる。そして風呂場が洪水になる。僕の家の風呂場はしばしば洪水になるんだけど、これはたぶん僕のせいなんだと思う。僕がリカニーをして精液を放出しているからだと思う。こないだ母親がこんなことを僕に言った。
「風呂場が洪水になって困るのよねぇ。排水口の掃除したら、ヘドロみたいのがつまっていたわ。なにかしら、あのヘドロ。痰かしらね。そうよきっと痰だわ。あなた風呂場で痰吐いてるでしょ? やめてくれないかしら、痰を吐くのは」
「痰。ああ、痰のせいか。やっぱりね。僕けっこう吐くわ。痰を。ごめん。痰吐いてごめん」
 と僕はとりあえず謝罪したんだけど、お母さん、ごめん。それは痰ではなくて精液だ。僕はお母さんに精液のかたまりを手につかませてしまった。僕はこれ以上親不孝者にはなりたくない。


 じゃあトイレですればいいだろうって君は言うかもしれないけど、この寒い中トイレでするのは厳しいものがある。僕は下半身ハダカにならないとオナニーができないんだ。この時期トイレで裸になると寒すぎるんだ。ちんこが凍える。マジで。萎える。梨華ちゃんへの愛が足らないのかもしれないな。愛。愛か。そんなもの、本当に僕の中にはあるのかな? 愛ってなんだ?


 あ、ちょっと待って。今、来たよ。唐突に訪れた。性的な何かが僕の敏感な股間とやわなハートを刺激してきた。あ、したい。今したい。梨華ちゃん。したいんだ。君を抱きたい。イメージの中で君を。お母さん。今はいない。でも今は昼だ。真昼間からオナニーなんて! いいのか? でもタイミング的には今しかない。めくるめくようなリカニー。それは僕と梨華ちゃんが最も近づいたような、そんな気持ちになれる瞬間。甘美な。僕は梨華ちゃんが大好きだ。リカニーも大好きだ。今するよ! 僕はイメージの世界へと旅立ちます。ちんこも立ちます。というか立ってる。クララが立った。クララじゃない。ちんこだ。いやらしいものだ。汚いものだ。クララほどに感動的じゃない。勃起に感動なんてない。たぶん愛もない。僕は梨華ちゃんを実はそんなに愛してないんじゃないかと最近思う。自信がない。愛ってなんだ? あ、我慢汁が出てきた。でも我慢なんてしなくていいんだ。今なら大丈夫だ。誰もいない。お母さんの足音も聞こえない。さあ。リカニーをしよう。