リア充

 梨華ちゃんは僕の部屋に入ると、ベッドの上に飛び乗った。
 ( ^▽^)<ねえねえふちりん、何しよっか。
 「何しようかねえ」
 ( ^▽^)<UNOしようよ。
 「えー、また2人でするの?」
 ( ^▽^)<いいじゃん。おもしろいじゃんよー。
 「えー、つまんないよ」
 ( ^▽^)<ふちりん……。わたしちょっと悲しい……。
 「なんちゃって嘘ぴょーん! 梨華ちゃんと2人でするUNO、ちょう大好きだよ」
 ( ^▽^)<もう、ふちりんたら!
 「えへへ、ごめんね」

 ( ^▽^)<ウノー!
 「ちくしょう! 負けたくない!」
 ( ^▽^)<わーい上がり!
 「ちくしょう! 負けた! 今日はこれで僕の231勝429敗か。梨華ちゃんはUNO強いね」
 ( ^▽^)<それほどでもないよ。
 「それほどでもあるよ!」
 ( ^▽^)<それほどでもないってば!
 「それほどでもあるの!」
 ( ^▽^)<それほどでもないよ!
 「梨華ちゃんは謙虚だね。梨華ちゃんのそういうところが好きだよ」
 ( ^▽^)<えへへ。それほどでも。
 「あーまた謙遜したあ。萌える〜」
 ( ^▽^)<萌えないで! 照れるじゃんよー。
 「照れてる梨華ちゃん萌え〜」
 ( ^▽^)<もう、ふちりんたら。いやな人ね。
 「ところで梨華ちゃん
 ( ^▽^)<なあに?
 「愛してる。結婚しよう」
 ( ^▽^)<何よ急に!
 「急じゃないよ。僕たちはもう2年も付き合ってるじゃないか」
 ( ^▽^)<そうだったかしら。そんなに長かったかしら。
 「梨華ちゃん、すっとぼけないで! 好きだよ!」
 ( ^▽^)<わたしも好きよ、ふちりん。
 僕は梨華ちゃんを抱きしめる。
 ( ^▽^)<あ、ふちりん……。
 「梨華、僕と一緒に、最高級のハッピーを探す旅に出発しないか?」
 ( ^▽^)<…………うん。
 「梨華ちゃん本当に? いいの? やったー!」
 ( ^▽^)<えへへ、本当よ。嘘じゃないわ。
 「ああ、僕は生まれてきて良かった」
 ( ^▽^)<わたしも。ずっと大切にしてね。
 「もちろんだよ。梨華ちゃんのこと、絶対に泣かせたりしないよ」
 ( ^▽^)<ふちりん……。
 「りかりん……」
 僕はとても幸福な気持ちで梨華ちゃんにキスをした。

 なんちゃって! これ全部ウソぴょーん! 死にたい。