その45 朝ごはんを自分で作って食べる

 書き忘れていましたが、1日目の夜のライブが終わった後、梨華ちゃんとヲタのみんなで天の川を見にいく予定だったので、星座早見盤をもらっていました。しかし梨華ちゃんが雨女だからなのか、大雨が降っていたため、天の川を見に行くロマンチックなイベントは中止になり、梨華ちゃんのポラ写真などを争う即物的なイベント(じゃんけん大会)が始まりました。僕はじゃんけんが弱いので、景品は何一つ手にすることができなかった。でも物欲があまりない(思い出の方が大事だ)から、そんなに残念じゃなかった。勝ち残った人たちに素直に祝福の拍手を送りました。

 バスツアー2日目の朝、15分くらいかけて洗面所で身だしなみを整えた僕は、朝食づくりに取り掛かりました。冷蔵庫の中には、コテージのヲタ一人ひとりのために、朝ごはんセットが用意されていました。箱の中にベーコン、ソーセージ、生卵、インスタントコーヒーなどが入っていて、それを自分で調理しなければならなかった。これも「わくわくイベント」等の一つなのだろうと考え、料理づくりを楽しもうと思いました。コテージのヲタたちは順番にフライパンでスクランブルエッグなどをつくっていった。僕の番になり、上手く作れるか不安だったけど、むかし魚民でフライパンを振っていたためか、意外に上手くつくることができた。スクランブルエッグとコーヒーとパンを美味しくいただきました。パンじゃなくてご飯だったかもしれないけど、4年以上も前*1のことなのでよく覚えていません。バスの出発時間は午前7時45分で、あまりゆっくりする時間もなく、僕らはあわただしくコテージを後にしました。我々はバスに乗って、お楽しみイベントの会場へと向かうのです。

 コテージ内のメンバーを思い出すために、名前(仮名)を書きます。阿久津さん(既婚者)、尾藤さん(若者)、志村さん(酒飲み)、出口さん(初老)、僕(ガチ恋おじさん)です。次の梨華ちゃんのバスツアーがいつあるかわからないけど、その時までには書き終えたいと思います。

*1:2012年7月8日。