梨華ちゃんの友達との会話


 また車に乗ってる夢みた。チャラい女の子がドライバーで、僕は後部座席にいた。その子は一般人だけど、梨華ちゃんの友達であるらしかった。


僕「え? 梨華ちゃんと友達なの?」
女「そうだよ」
僕「梨華ちゃんは、どうなの?」
女「何が?」
僕「あの、男関係とか、そういう話」
女「ああ、あの子、今はカレシいないみたいだわよ」
僕「は? 今はいないって何だよ、今もいないの間違いだろ?」
女「今は、いないの。だいぶ前に遊んだときね、ちょこちょこメールしてたわ、カレシと。私と話しているのに、あ、ごめんメール返さないと、とか言って」
僕「へぇ、そうなんだ。へぇ。で、今は別れたの?」
女「そうみたいね。色々相談に乗ってあげたんだけど、結局は」
僕「へぇ、そうか、今もいないんだ、彼氏、やっぱりね、今までずっとか」
女「今は、って言ってるでしょ!」
僕「またまた〜」
女「あんなかわいい子にカレシができないわけないでしょ!」
僕「梨華ちゃんに彼氏がいたはずないだろ! 逆に!」
女「逆にって何よ! いたのよ!」
僕「いるわけねえだろ!」
女「そうよ、いないのよ、今は」
僕「今も、だろ!」
女「今は、って言ってんじゃない、あんたいったい梨華ちゃんの何なのよ!」
僕「え? 何?」
女「あんたは梨華ちゃんの何なの? って言ったの」
僕「そうだ、そういえば、僕は梨華ちゃんのいったい何なの?」
女「私が訊いてるのよ、あんたに」
僕「いや、わかんない、君が僕に教えて、逆に」
女「馬鹿じゃないの? そんなこと自分で考えなさいよ」
僕「梨華ちゃんの何っていうか、僕は梨華ちゃんが好きなんだよ。それだけだよ」
女「へぇ、そうなの。ところであんた、彼女いないの?」
僕「・・・今は、いないよ」
女「今も、でしょ?」
僕「ああそうだよ、悪かったな、ずっといないよ、だからそういうことだろ? 梨華ちゃんも彼氏いないんだよずっと、今も」
女「だからあの子は今は、いないのよ、本当に、今は、なのよ」
僕「今も、だろ!」
女「今は、なのよ!」
僕「今も!」
女「今は!」
僕「今も!」
女「今は!」
僕「今も!」
女「今は!」
僕「今も!」
女「今は!」
(略)