東スポに載る

 梨華ちゃんがただそこにいるだけでも悶え死にそうなのに、梨華ちゃんが歌ったり踊ったり投げキッスをしたので、僕は他界しても全くおかしくない感じになった。死んでしまわなかったのが何よりですよ。美勇伝のライブで死人が出たら美勇伝の3人に対して迷惑がかかるから。東スポの一面に記事が載りそう。

美勇伝ライブで死人! 死者はふっち君

 21日夜に渋谷CCレモンホールで行われたライブ、「美勇伝説5」において、ふっち君(28歳)が心臓発作で倒れ、病院に運ばれたが、同日深夜に息を引き取った。美勇伝のリーダーの石川梨華(23歳)を見て興奮しすぎたことが発作の原因と見られている。ふっち君は「ふっち君の日記。」というブログの管理人であり、石川梨華への想いが大胆なえげつない筆致で書き綴られたそのブログは、不真面目なヲタからある程度の人気を博していた。この事件を受けて、知人たちは、ふっち君の死をそれなりに悲しんだ。

 シヴイ氏「え! ふっち君が死んだのですか。ご冥福をお祈りいたします」
 ピエール氏「え! びっくりですね。ご冥福をお祈りいたします」
 まゆ氏「ふちりん! 死なないで! ってもう死んでましたね……」
 A氏「ふっち君? あいつがいなくなってなによりですよ。奴は梨華ヲタのイメージを悪くするだけの存在ですからね」
 B氏「勝手に死んでくれて別にかまわないのですが、もうちょっと空気を読んでほしいですね。もっと別の時に死んでほしかったですよ。美勇伝に死のイメージがついてしまったら、かなり嫌ですもの」

 この件について石川梨華は次のように語った。
 「ブログのことはよく知りませんが、ふっち君さんからは、いつも温かいお手をもらっていました。とても勇気付けられていました。今回のことは、非常に残念に思っています。ご冥福をお祈りいたします。いつまでも天国から見守っていてほしいです」