緊急事態宣言中に幸福のパンケーキを食べました

 2回目の緊急事態宣言が発令され、埼玉県内の飲食店は1月12日から2月7日まで営業時間を短縮するよう要請されましたが、大宮アイドールはそれを見越していたかのような素早さで3部制の昼営業を行うことを発表しました。僕は昼間の店舗の雰囲気がどんな感じか興味があったし、推しメンのはるぴに「あけおめ~」を言いたかったので、一昨日の土曜日に第2部(午後2時30分~午後5時00分)の予約をして行ってきました。店舗では酒を飲みたかったため、僕は出かけるまでに仕事と勉強を済ませて、日課の30分ウォーキングを兼ねて店舗まで歩いて行きました。

 午後2時45分ごろ店舗について洗面所で手を洗うと、渡辺綾ちゃんが出迎えてくれて、白い拳銃のようなもので額の熱を測りました。35度ちょうどだったようです。僕の平熱は36度5分くらいだから、低めに出ているなあと思いました。外を歩いてきて身体が冷えていたせいだと思います。フェイスシールドを受け取った僕はそれをマスクの上から装着し、またしてもカウンターの右端の席に座りました。この席に座ると斜めからステージを見ることになるので、ビニールシート越しではない生のアイドルの踊って歌う姿がわずかに見られるのです。また、アイドルと同じ目線の高さになるから話しやすいです。僕は生ビールを注文し、「昼営業の大宮アイドールで酔っぴらってきた~」と写真付きでツイートしました。

f:id:fuchirin:20210116145421j:plain

 緊急事態宣言が発令中なのに飲みに行っていることで誰かに怒られるかもしれない、と不安だったけど、誰にも怒られなかったので良かったです。政府の自粛要請に従って引きこもるか、苦境に陥っている飲食店の利益のために飲みに行くか、僕としても迷いましたが、最終的に後者を選びました。

 生ビールを飲んでいると、推しメンの「はるぴ」こと兼石はるかちゃんがやってきて、新年の挨拶をしたので、僕も「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と言いました。それからはるぴは「ふちりんって難しい資格持ってるんでしょう? なんとか士っていう」と尋ねました。僕は「noteに書いた行政書士の記事を見たんだろうなあ」と思いました。あの記事は1か月くらいかけて一生懸命書いて1月13日にアップしたものの、1月18日現在、2名様にしか買われていません。参考に買った書籍代のほうが圧倒的に高くついています。このままだと大赤字です。行政書士に少しでも興味のある皆さん、僕を助けると思って、記事を購入してください。よろしくお願いします。1万9000字以上あって、内容にも自信があります。

note.com

 「うん。そうだよ。法律系の資格で、まあまあ難しいよ」と僕は答えました。それからはるぴに年金について訊かれました。年金アドバイザー2級を目指して勉強中である僕は、「若い人でも怪我や病気をして障害者になったら障害年金がもらえるから、払っておいたほうがいいよ」とアドバイスしておきました。生ビールを飲み終わり、高血圧により節酒中なので、2杯目はジンジャエールにしました。それを飲みながらライブを観ました。僕は心のなかで、ヲタの掛け声を叫びました。掛け声に詳しくない僕でも、「イエッタイガー!」や「ガチ恋口上」くらいは分かります。ライブが終わると、アイドルが早くもラストオーダーを取りにきました。僕は生ビールと、アイドルメニューのパンケーキを注文しました。最近、パンケーキを注文するのにハマりつつあります。アイドルとまったりした時間を過ごせるし、アイドルがデコレーションしてくれるパンケーキはめちゃくちゃ美味しいからです。僕はそのパンケーキのことを、「幸福のパンケーキ」と呼んでいます。最初は「幸せのパンケーキ」と呼んでいたけど、本家に怒られそうなのでやめました。

f:id:fuchirin:20210116160918j:plain

 推しメンのはるぴがつくってくれた幸福のパンケーキは、おしゃれな喫茶店に出てきそうな見目麗しいパンケーキでした。味も美味しかったので、幸福な気持ちになれました。パンケーキが出来上がると、はるぴに「くずれないうちに写真撮って!」と言われたため、すぐにスマホのカメラを起動させて写真を撮りました。幸福のパンケーキを「うまい! うまい!」と思いながら食べていると、白川ももちゃんがやってきて、「ふちりんは最近はるぴにお熱なの?」とにやにや顔で尋ねます。僕は「いや、お熱っていうわけでもないよ。推しメンではあるけどね」と答えました。「推しメンかあ! いいねえ!」とももちゃんは笑顔で言って去って行きました。