公園飲み、メイドカフェ、大宮アイドール

 5月30日の日曜日、天気が良かったので、日課のウォーキングを兼ねて自宅から大宮ソニックシティ前公園まで歩きました。その公園内では酒を飲んではいけないことになっているんだけど、麒麟淡麗グリーンラベルを飲みました。以前は普通の麒麟淡麗を飲んでいましたが、最近は健康に気を遣ってグリーンラベルを飲んでいます。糖質が70%カットされているのです。それにしても、さいたま市が管理している公園において、なぜ酒を飲んではいけないのか、それが分かりません。もし分かる人がいたら教えてください。さいたま市の条例で酒を飲むことが禁じられているのでしょうか。もしそうだとしたら、その条例は憲法13条の幸福追求権に反しており無効なのではないでしょうか。僕はそんなことを考えつつ、けっこうな後ろめたさを感じながら、グリーンラベルのロング缶を2本飲みました。

f:id:fuchirin:20210603123448j:plain

 ほろ酔い気分になった僕は、おなかがすいてきたので、メイドカフェハニーハニーに行こうと思い立ちました。お店につくと、満席だったために、入口の前で待つことになりました。するとすぐに雨が降ってきて、それは大雨へと変わりました。「ハニハニに来た判断は正しかった。あのまま公園で飲み続けていたら酷い目に遭っていた」と思いましたが、待てど暮らせどメイドさんはお店の中に入れてくれません。「お客さんはすでに3人くらい店を出たのに、なぜ入れてくれないのだろう?」と若干いらいらしてしまいました。僕のうしろにはもう5人くらい並んでいます。結局1時間くらい待って、やっと入れました。一気に客を出して、一気に入れるという作戦だったようです。僕は大宮アイドールの予約時間(17時30分)がせまっていたため、急いでノンアルビールを飲み、温玉ぶっかけうどんをすすりました。

f:id:fuchirin:20210603123515j:plain

 そう言えば最近、ラーメンYouTuberのSUSURUさんが結婚してしまいましたね。僕はとても落ち込んでいます。SUSURUロス状態と言っても過言ではありません。結婚するまで彼の周りには女の影がまったくなかったから、ショックが大きいです。ガッキーが結婚しちゃったことよりもショックです。温玉ぶっかけうどんを切ない気持ちですすり終えた僕は、さっと手をあげてお会計をお願いしました。入店を待っているうちに止んだ雨が、またぞろ降り出しており、気持ちが沈みました。可愛らしいメイドさんに笑顔で見送られた僕は、店の外に出ると、屋根のある「すずらん通り」に行き、コンビニでまた酒を買いました。マンボウのせいで閉店している「金の蔵」の前で、グリーンラベルの350ml缶をぐいぐい飲みます。もう予約時間の17時30分を過ぎていたため、すぐに飲み干して、大宮アイドールへと向かいました。

 雨は降っていたけれど、傘を買うほどではなかったです。少し濡れながら入店し、メイド服姿のアイドルたちに温かく迎えられました。この日はメイドイベントの日だったのです。僕はカウンター席に座り、ノンアルビールを頼もうと思ったけど無かったため、ジンジャエールを注文しました。ジンジャエールをあっという間に飲み干すと、これから推しメンにしようかなと思っている、新人の桜羽あいちゃん(16歳)に「おしゃカフェドリンク」を注文しました。15分ほどのライブが終わったあと、あいちゃんは僕の目の前で「おしゃカフェドリンク」をつくり始めます。ものすごく甘そうなドリンクが出来上がりました。「あまりおしゃれとは言えないな…」と思ってしまい、すみません。でも実に可愛らしいドリンクだと思います。

f:id:fuchirin:20210603123701j:plain

 そのドリンクより可愛らしいのは桜羽あいちゃんで、見た目や雰囲気や所作がとても女の子らしく、見ていると胸がきゅんきゅんします。恋をしそうになっているのかもしれません。41歳のおじさんが、16歳の女の子に恋をしてもいいのでしょうか。いけないような気がします。自分の娘であってもおかしくない年齢ですから、自分の娘を愛するように愛するほうが適切なのではないでしょうか。そうは思っても、桜羽あいちゃんを見つめていると胸のときめきが止まりません。会話をしていても楽しいです。チェキも撮ってしまいました。

f:id:fuchirin:20210603123738j:plain

 あいちゃんは、マスクを外すとめちゃくちゃ可愛いです。こんな子が彼女だったら幸せだろうなと思います。そんな気持ちであいちゃんとのチェキを見つめていたら、「さきっちょ」こと若菜さきちゃんに「あいちゃんと撮ったんだね。そこは嫁のわたしと撮るべきなんじゃないの?」と圧をかけられました。僕は常日頃、「結婚するならさきっちょだな!」と言っているため、さきっちょは嫁としての圧をかけてきます。その圧を受けて、僕もまんざらでもありません。さらにさきっちょは、「ふちりんの嫁代表として、がんばるね!」的なことを言ったので、僕は苦笑いしながら「嫁代表て! 僕の嫁は何人もいないから!」と突っ込みました。はるぴが卒業するまで僕は、「推しメンははるぴだけど、結婚するならさきっちょだな!」と言っていました。けれどこれからは、「推しメンはあいちゃんだけど、結婚するならさきっちょだな!」と言うことになるかもしれません。

 とつぜん話は変わりますが、先日、元地下アイドルの姫乃たまさんの新著が電子書籍として発売されました。その読書感想文をnoteにアップしたので、もしよければご一読ください。

note.com